アルゼンチン共和国杯 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
201108オーソリティ牡3ルメール 54 18 03-03-033
191103ムイトオブリガード牡5横山典弘 56 7 03-03-032
181104パフォーマプロミス牡6オドノヒ 56 6 06-06-053
171105スワーヴリチャード牡3M.デム 56 4 06-07-071
161106シュヴァルグラン牡4福永祐一 58 11 07-06-052
151108ゴールドアクター牡4吉田隼人 56 15 03-03-031
141109フェイムゲーム牡4北村宏司 57 3 11-08-072
131103アスカクリチャン牡6戸崎圭太 56 12 09-07-087
121104ルルーシュ牡4横山典弘 56 4 03-02-022
111106トレイルブレイザー牡4安藤勝己 55 11 06-06-043
集計期間:2011.11. 6 ~ 2020.11. 8

G1レースの狭間にあり、6月の目黒記念と対になるレース。過去には、アドマイヤジュピタ・スクリーンヒーロー・ゴールドアクター・シュヴァルグラン・スワーヴリチャードらが、アルゼンチン共和国杯を勝利した後にG1を制覇した。96年の勝ち馬のエルウェーウィンは、2歳時に朝日杯を勝利して以来ほぼ4年ぶりに勝利をあげるという、平地重賞勝利の最大スパンの記録を達成した。

昨年は青葉賞以来だったオーソリティが大外枠の不利を克服して快勝した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 2- 1- 5/ 1020.0%40.0%50.0%4175
2番人気 4- 0- 0- 6/ 1040.0%40.0%40.0%17465
3番人気 3- 1- 5- 1/ 1030.0%40.0%90.0%164194
4番人気 0- 4- 0- 6/ 100.0%40.0%40.0%094
5番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%026
6番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%083
7番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%12768
8番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%043
9番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%054
10~人気 0- 0- 1- 70/ 710.0%0.0%1.4%010

ハンデ重賞で荒れそうなイメージだが勝ち馬の10頭中9頭は1~3人気の馬から出ている。連対馬の20頭が7番人気以内で、それ以下の人気薄だと3頭が3着に入っているだけと少ない。

三連単の平均配当は45000円台で、同コース・同条件の目黒記念の23万円とは別物のレースのように堅いことがわかる。これは目黒記念がG1では厳しい馬ばかり出走してくるのに対して、アルゼンチン共和国杯は年によってジャパンカップや有馬記念を狙うような実力馬が出走してくるため人気に応えるケースが多いためと考えられる。

1~3人気(想定)・・・オーソリティ、アンティシペイト、ボスジラ、フライライクバード

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 2- 0- 2- 0/ 450.0%50.0%100.0%182227
4歳 5- 4- 4- 25/ 3813.2%23.7%34.2%5588
5歳 1- 4- 4- 41/ 502.0%10.0%18.0%949
6歳 2- 2- 0- 29/ 336.1%12.1%12.1%5330
7歳 0- 0- 0- 16/ 160.0%0.0%0.0%00
8歳 0- 0- 0- 12/ 120.0%0.0%0.0%00

今年は3歳馬の出走はないが3歳馬の成績がずば抜けて良い。次いで4歳馬で、5・6歳が続く形。7歳以上だと馬券になった馬はいないので、高齢馬には厳しいデータとなっている。

4歳・・・オーソリティ、フライライクバード、ディアマンミノル、アンティシペイト

レース検索

斤量別集計

斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~49kg 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
49.5~51kg 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%084
51.5~53kg 0- 1- 1- 21/ 230.0%4.3%8.7%030
53.5~55kg 2- 4- 7- 48/ 613.3%9.8%21.3%1955
55.5~57kg 7- 3- 0- 38/ 4814.6%20.8%20.8%7344
57.5~59kg 1- 2- 1- 14/ 185.6%16.7%22.2%2142

55.5~57キロのハンデを背負った馬の成績が良い。53キロ以下の軽ハンデだと成績が落ちる。

55.5~57キロ・・・オウケンムーン、ロードマイウェイ、マイネルウィルトス、ボスジラ

53キロ以下・・・アドマイヤアルバ

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
2勝 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0185
3勝 2- 3- 3- 17/ 258.0%20.0%32.0%3383
OPEN非L 1- 2- 2- 34/ 392.6%7.7%12.8%3244
OPEN(L) 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
G3 0- 0- 1- 15/ 160.0%0.0%6.3%015
G2 4- 4- 2- 54/ 646.3%12.5%15.6%2938
G1 3- 1- 1- 9/ 1421.4%28.6%35.7%7664

前走G1レースを走っていた馬の勝率が21%と高い。前走3勝クラスでも十分通用している。問題なのは前走がOPとG3だった馬で、あわせて1頭しか勝てていない。

前走G1・・・オーソリティ

前走G3・OP・・・レクセランス、オウケンムーン、アイスバブル、ゴースト、ボスジラ、トーセンカンビーナ

レース検索

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ノーザンファーム 6- 6- 2-27/4114.6%29.3%34.1%6266
社台ファーム 1- 1- 2-17/214.8%9.5%19.0%1850
ノースヒルズ 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%15750
北勝ファーム 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%210120
つつみ牧場 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1270350
白老ファーム 0- 1- 1- 5/ 70.0%14.3%28.6%082
三嶋牧場 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%070
千代田牧場 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%076
ビッグレッド 0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%074

ノーザンファーム生産馬の活躍が目立つ。現在5連勝中で、15年は出走馬が1頭だけできっちり3着に入った。とくに休み明けで出走してきた馬には注意が必要。

ノーザンファーム生産馬・・・オーソリティ、他多数。

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
平地・先行 5- 3- 4- 28/ 4012.5%20.0%30.0%5584
平地・中団 5- 6- 4- 49/ 647.8%17.2%23.4%4458
平地・後方 0- 1- 2- 44/ 470.0%2.1%6.4%014

過去10年で逃げて馬券圏内に残った馬はいない。馬券の中心は先行と中団から差すタイプで、良馬場であれば33秒台前半から32秒台の瞬発力が必要になる。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%040
2番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%072
3番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%4973
4番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%5830
5番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%094
6番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%4818
7番 1- 3- 1- 5/1010.0%40.0%50.0%48126
8番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
9番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%023
10番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%054
11番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%10259
12番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%12754
13番 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%018
14番 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%035
15番 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%2615
16番 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%041
17番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
18番 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%106106

ダービーと同日に行われ、内枠有利の傾向のある目黒記念と違い、外枠でもソコソコ馬券になれているが、やはり理想は真ん中よりから内目の枠だろう。

まとめ

昨年の勝ち馬であるオーソリティが今年も出走。ハンデの57.5キロだけが微妙に引っかかるが、ノーザンファーム生産馬で休養明けなのは同馬だけになっている。今年は3歳馬がいないメンバー構成もあり、2年連続で同馬を推奨馬にしたい。

次点には4歳・前走3勝クラスを勝ち上がり内枠に入ったフライライクバード。前走重賞で5番人気以内に支持されていた馬の好走率が高いというデータがあり、京都大賞典で3人気だったアイアンバローズをあげる。同馬は東京勝ちもあり人気的にも穴データに該当する。

推奨オーソリティ
減点ありフライライクバード
アイアンバローズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました