ホープフルステークス 過去6年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
191228 コントレイル牡2福永祐一 55 2 04-03-021
181228 サートゥルナーリア牡2M.デム 55 5 02-03-041
171228 タイムフライヤー牡2C.デム 55 7 16-16-091
161225 レイデオロ牡2ルメール 55 2 12-11-081
151227 ハートレー牡2ボウマン 55 6 09-09-073
141228 シャイニングレイ牡2川田将雅 55 10 03-03-032
集計期間:2014.12.28 ~ 2019.12.28

阪神JF・朝日杯に続く2歳戦のG1レース。古くはオープン特別のレースとして開催されていたが14年にG2に昇格、16年からはG1に昇格した。まだG1昇格して3年と歴史は浅いが、16年の勝ち馬のレイデオロは日本ダービーを勝利、18@サートゥルナーリアは皐月賞馬に、19年のコントレイルはその後無敗で三冠を制すなど、朝日杯以上にクラシックに直結するレースとなった。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 4- 1- 0- 1/ 666.7%83.3%83.3%158100
2番人気 1- 1- 3- 1/ 616.7%33.3%83.3%75125
3番人気 1- 1- 1- 3/ 616.7%33.3%50.0%12376
4番人気 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%038
5番人気 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
6番人気 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
7番人気 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
8番人気 0- 2- 1- 3/ 60.0%33.3%50.0%0258
9番人気 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%0113
10~人気 0- 0- 0-32/320.0%0.0%0.0%00

重賞に昇格して6年とデータが少ないが、1番人気の勝率は66%・連対率は83%と信頼度はすこぶる高い。これはコントレイルらのように来年のクラシックを勝つような素質馬が出走してくるためといえる。1番人気で馬券にならなかったのは14年のダノンメジャーだけで、同馬は前走で2着に敗れていた。

2番人気の勝率は16%と低いが、これは1番人気の馬が活躍している反動であり、複勝率は83%と1番人気と同じく信頼度は高いといえる。ラインは3番人気以内で、迷った場合にはとりあえず上位人気馬を信頼してみるのもありだろう。

10番人気以下で馬券になった馬はいない。バッサリと消してしまってかまわない。

3番人気以内(netkeiba)・・・ダノンザキッド、オーソクレース、ヨーホーレイク

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
新馬 2- 0- 2- 6/1020.0%20.0%40.0%119104
未勝利 0- 1- 1-18/200.0%5.0%10.0%054
1勝 1- 2- 1-17/214.8%14.3%19.0%749
OPEN非L 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%2213
OPEN(L) 0- 1- 1- 0/ 20.0%50.0%100.0%0125
G3 2- 1- 1-17/219.5%14.3%19.0%2924
G2 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0115

前走新馬戦組が2勝をあげているが、こちらはG2時代のものでG1昇格後はステイフーリッシュの3着が最高で勝てていない。ベストは前走重賞組で、OP特別が続く。前走未勝利戦組はG1昇格後に限ると馬券に絡めていないので減点が必要。

前走重賞・・・ダノンザキッド、タイトルホルダー、マカオンドール

未勝利・・・セイハロートゥーユー

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値
1400m 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%0
1600m 0- 2- 0- 5/ 70.0%28.6%28.6%0
1800m 2- 2- 4-23/316.5%12.9%25.8%12
2000m 4- 2- 2-38/468.7%13.0%17.4%38

前走が1600メートル以下の距離から勝った馬はいない。2着になったのは15年・ロードクエスト、17年・ジャンダルムで、ともに前走重賞を勝利していた。そうでない場合は消していいだろう。言うまでもないが前走がダートのレースだった場合も消しとなる。

前走1600以下・・・ビゾンテノブファロ、モリデンアロー

前走ダートレース・・・セイハロートゥーユー、バニシングポイント、ホールシバン、モリデンアロー、ラペルーズ

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 5- 6- 6-35/529.6%21.2%32.7%3379
前走2着 1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%7026
前走3着 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00
前走4着 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
前走5着 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
前走6~9着 0- 0- 0-11/110.0%0.0%0.0%00
前走10着~ 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00

これがもっとも重要なデータといえるかもしれない。前走1着以外、ほとんど馬券になっていない。唯一の例外は、17年のタイムフライヤーで、同馬にしても前走G3で1番人気に支持されていた。

前走1着・・・ダノンザキッド、ランドオブリバティ、オーソクレース、アドマイヤザーゲ、シュヴァリエローズ、他

レース検索

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率連対率複勝率単回値
ノーザンファーム 4- 2- 4-11/2119.0%28.6%47.6%72
社台コーポレーション白老ファーム 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%140
ノースヒルズ 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%66
ビッグレッドファーム 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%0
様似堀牧場 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0
千代田牧場 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0
North Hills Co. Limited 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0
社台ファーム 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%0
谷川牧場 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0
斉藤安行 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%0

他のG1レースと同じくノーザンファーム生産馬の活躍が目立つ。必ず馬券に組み込んでおきたい。

ノーザンファーム生産・・・ダノンザキッド、ヨーホーレイク、オーソクレース、アドマイヤザーゲ、シュヴァリエローズ、他

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
平地・先行 3- 4- 0-21/2810.7%25.0%25.0%2957
平地・中団 3- 2- 5-19/2910.3%17.2%34.5%4586
平地・後方 0- 0- 1-20/210.0%0.0%4.8%06

2歳馬にとって2000メートルは長いせいか、逃げて馬券になった馬はいない。馬券の中心は先行・差し馬で、とくに前走で上がり3F1位・2位を記録していた馬の好走率が高い。

前走上がり1位・・・ダノンザキッド、オーソクレース、ヨーホーレイク、シュヴァリエローズ、アドマイヤザーゲ、アオイショー

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%023
2番 2- 0- 0- 4/ 633.3%33.3%33.3%5836
3番 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
4番 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
5番 1- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%33.3%3041
6番 1- 1- 1- 3/ 616.7%33.3%50.0%123165
7番 1- 0- 2- 2/ 520.0%20.0%60.0%84190
8番 0- 1- 1- 4/ 60.0%16.7%33.3%045
9番 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%018
10番 1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%7536
11番 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%066
12番 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
13番 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%081
14番 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
15番 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0115
16番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
17番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

中山2000メートルのコースは最初のコーナーまで距離が長く枠順による有利不利はほとんどないが、データからだと外枠の馬番はあまり馬券に絡めていない。

まとめ

人気別の項目でも書いたが1番人気馬の信頼度はかなり高い。当日はおそらくダノンザキッドが1番人気に支持されると思われるが、同馬は前走が東京スポーツ杯(G3)1着で、昨年のコントレイルと同じ臨戦過程となる。外枠でも引かない限り、素直に推奨馬でいいだろう。

問題は2~3人気に支持されるであろう、オーソクレース・ヨーホーレイクのどちらを上位にチョイスするべきかだが、どちらも2戦2勝、ノーザンファーム生産馬と甲乙つけがたい。G1昇格後の3年に限ると1・2着馬はともに栗東所属馬というデータがあるので、友道厩舎のヨーホーレイクがわずかに優位か。

穴では前走・萩S1着で上がりも1位だったシュヴァリエローズが良さそう。

推奨ダノンザキッド
減点ありヨーホーレイク
オーソクレース・シュヴァリエローズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました