阪神カップ 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
201226ダノンファンタジー牝4藤岡佑介 55 6   03-044
191221グランアレグリア牝3ルメール 54 5   08-081
181222ダイアナヘイロー牝5菱田裕二 55 3   01-0111
171223イスラボニータ牡6ルメール 57 2   07-072
161224シュウジ牡3川田将雅 56 2   06-067
151226ロサギガンティア牡4M.デム 57 13   04-043
141227リアルインパクト牡6ビュイッ 57 8   06-058
131223リアルインパクト牡5ムーア 57 10   01-018
121224サンカルロ牡6吉田豊 57 13   14-133
111217サンカルロ牡5吉田豊 57 13   10-094
集計期間:2011.12.17 ~ 2020.12.26

有馬記念の前日に行われる芝・1400メートルのG2戦。06年に創設と歴史は浅い。香港スプリントに呼ばれなかった短距離馬が集結して、毎年ハイレベルのレースが繰り広げられる。キンシャサノキセキ・サンカルロ・リアルインパクトの3頭が連覇を果たすなどリピーターの活躍が目立つ。ゆくゆくはG1に昇格する可能性が高いレースでもある。

昨年はダノンファンタジーがローズS以来の勝利をあげた。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 1- 0- 2- 7/ 1010.0%10.0%30.0%2139
2番人気 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%4186
3番人気 2- 2- 1- 5/ 1020.0%40.0%50.0%161132
4番人気 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%19455
5番人気 0- 2- 2- 6/ 100.0%20.0%40.0%0139
6番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%033
7番人気 1- 1- 1- 7/ 1010.0%20.0%30.0%160129
8番人気 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%298101
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 1- 2- 3- 76/ 821.2%3.7%7.3%4661

まず目に付くのが1番人気の不振。19・グランアレグリアが勝利しただけで2着も0回となっている。当然、単勝回収値・複勝回収値ともにかなり低調。

2~4人気で5勝、7人気以下も4勝をあげており、G2・定量戦とは思えない荒れっぷり。三連単の平均配当は19万円になっている。データからは人気はまったく信頼できないことがわかる。

上位人気(想定)・・・ダノンファンタジー、ソングライン、グレナディアガーズ、ホウオウアマゾン、ルークズネスト

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 2- 3- 3- 23/ 316.5%16.1%25.8%5886
4歳 2- 1- 3- 25/ 316.5%9.7%19.4%5794
5歳 3- 4- 3- 38/ 486.3%14.6%20.8%13291
6歳 3- 1- 0- 30/ 348.8%11.8%11.8%7745
7歳 0- 1- 1- 18/ 200.0%5.0%10.0%036
8歳 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00

有馬記念同様に斤量面で有利な三歳馬が活躍しているかというとそうでもなく、3~6歳の勝率・連対率ともにほぼ拮抗している。単勝回収値でいえば130円台の5歳が頭一つ抜けている。7歳以上の高齢馬は不振。

牝馬は【3-1-1-27】。3年連続で牝馬が優勝している。

牝馬・・・ダノンファンタジー、サウンドキアラ、ソングライン、ファーストフォリオ

7歳以上・・・アストラムエンブレム、セイウンコウセイ、ダイメイフジ、ベステンダンク、ベストアクター、ラヴィングアンサー、レインボーフラッグ

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
マイルチG1 3- 5- 5-33/466.5%17.4%28.3%5997
オーロカH 1- 1- 1- 8/119.1%18.2%27.3%74128
スプリンG1 1- 1- 0-13/156.7%13.3%13.3%10653
スワンSG2 1- 0- 1-10/128.3%8.3%16.7%81143
京阪杯G3 1- 0- 1-17/195.3%5.3%10.5%20148
キャピタ 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%18061
アイルラG2 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%960240
NHKマG1 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%210140
秋華賞G1 0- 1- 1- 0/ 20.0%50.0%100.0%0500
CBC賞HG3 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%0106
JBCスプG1 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0360
チャレンHG3 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0330
ラピスラ 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
府中牝馬G2 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

前走でマイルチャンピオンシップ(G1)を使われた馬が3勝をあげてトップ。2着も5頭いるのでマイルCS組が主力と見て間違いない。以下、1200~1400メートルの重賞・OPレースが並んでいる。

マイルCS組・・・ホウオウアマゾン、サウンドキアラ、ケイデンスコール、グレナディアガーズ

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 1- 0- 0- 20/ 214.8%4.8%4.8%3913
前走2着 0- 2- 2- 9/ 130.0%15.4%30.8%055
前走3着 1- 0- 2- 4/ 714.3%14.3%42.9%547257
前走4着 3- 0- 0- 12/ 1520.0%20.0%20.0%18658
前走5着 1- 1- 1- 9/ 128.3%16.7%25.0%3463
前走6~9着 3- 2- 1- 30/ 368.3%13.9%16.7%8857
前走10着~ 1- 5- 3- 58/ 671.5%9.0%13.4%2275

前走1着の馬が1勝のみと大不振。複勝回収値は14円と目も当てられない数字になっている。この中にはマイルCSで1着だったミッキーアイルも含まれている。10着以下だった馬の中から9頭が馬券圏内に巻き返しているように前走の着順は気にする必要はない。このうちマイルCSで二桁着順だった馬が【1-4-2-20】と大半を占めている。前走マイルCSで二桁に負けた馬を積極的に狙うのもありだろう。

前走10着以下・・・グレナディアガーズ、ケイデンスコール、他

前走1着・・・ダノンファンタジー、ソングライン、ヴィジュネル

レース検索

馬体重別集計

馬体重 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
400~419kg 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
420~439kg 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
440~459kg 0- 3- 1- 15/ 190.0%15.8%21.1%071
460~479kg 3- 2- 0- 33/ 387.9%13.2%13.2%13166
480~499kg 1- 3- 5- 39/ 482.1%8.3%18.8%878
500~519kg 5- 1- 2- 37/ 4511.1%13.3%17.8%14180
520~539kg 1- 0- 2- 12/ 156.7%6.7%20.0%5446
540~ 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%055

500キロ以上の大型馬の活躍が目立つ。ハイレベルの短距離戦でスピードがものをいうだけに馬格のある馬が有利。459キロ以下で勝利した馬はいないので小型馬は単純にマイナスになる。

500キロ以上・・・シヴァージ、セイウンコウセイ、ダイメイフジ、ファストフォース、ホウオウアマゾン、他

459キロ以下・・・ファーストフォリオ、アベストアクター

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%537130
平地・先行 2- 7- 2- 27/ 385.3%23.7%28.9%46110
平地・中団 5- 3- 4- 57/ 697.2%11.6%17.4%6756
平地・後方 1- 0- 4- 50/ 551.8%1.8%9.1%1451

逃げた馬の勝率が20%と高い。年によっては前残りの馬場で後ろの馬はまったく勝負にならない場合もあるので、当日の馬場状況が鍵となる。差し馬が5勝をあげてトップだが、面白いのは前走で上がり3F・1~3位の馬が2勝しかあげられていないこと。前走で先行してバテてるか、末脚が不発だった馬が活躍している。

逃げ・・・ホウオウアマゾン

前走上がり1位~3位・・・ダノンファンタジー、ソングライン、タイセイビジョン、ファーストフォリオ

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%014
2番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%20185
3番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%383111
4番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
5番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%21100
6番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%96106
7番 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%054
8番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%144190
9番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
10番 1- 2- 1- 6/1010.0%30.0%40.0%154167
11番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
12番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%049
13番 3- 0- 0- 7/1030.0%30.0%30.0%25989
14番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%059
15番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%094
16番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%073
17番 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00
18番 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%060

阪神1400メートル(芝)は内枠有利が定説だが、13番が3勝をあげているように比較的外枠でも馬券になっている。今年は連続開催の影響でインコースがかなり荒れているので、このデータが通用するかどうかは微妙。

枠順・・・発表待ち

まとめ

人気別項目でも述べたように人気がほとんどあてにならない。ダノンファンタジーとソングラインにとっては嫌なデータ。マイルCSで13着のグレナディアガーズがぴったりだと思ったら、どうも当日に1番人気に支持される可能性があるらしい。ほとんど八方ふさがりだが、マイルCS5着・逃げ脚質で馬体重が500キロを超えるホウオウアマゾンが良さそう。

減点材料のあるダノンファンタジーだが、リピーターの多いレースでもあり次点にすえる。もし当日に1番人気に支持されないようならデータ上のチャンスが広がる。

穴には馬体重500キロ超えで先行脚質のファストフォースと、2年連続でディープインパクト産駒の牝馬が勝利しているデータからサウンドキアラをあげる。

推奨ホウオウアマゾン
減点ありダノンファンタジー
ファストフォース・サウンドキアラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました