東京新聞杯 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
200209プリモシーン牝5M.デム 56 1   06-064
190203インディチャンプ牡4福永祐一 56 2   07-061
180204リスグラシュー牝4武豊 55 8   07-073
170205ブラックスピネル牡4M.デム 56 2   01-013
160207スマートレイアー牝6吉田隼人 55 6   01-015
150208ヴァンセンヌ牡6福永祐一 56 6   07-073
140217ホエールキャプチャ牝6蛯名正義 57 7   08-108
130203クラレント牡4岩田康誠 56 5   05-072
120205ガルボ牡5石橋脩 56 5   03-038
110206スマイルジャック牡6三浦皇成 57 15   04-045
集計期間:2011. 2. 6 ~ 2020. 2. 9

安田記念と同じ東京・1600メートルのコースで行われることもあり、春のマイル王を目指す素質馬が毎年参戦してくる。19年のインディチャンプは、その後、安田記念とマイルチャンピオンシップを制してマイル王に輝いた。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 1- 0- 2- 7/ 1010.0%10.0%30.0%2743
2番人気 1- 0- 2- 7/ 1010.0%10.0%30.0%5151
3番人気 3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%17984
4番人気 1- 1- 2- 6/ 1010.0%20.0%40.0%78104
5番人気 2- 3- 2- 3/ 1020.0%50.0%70.0%211195
6番人気 0- 3- 0- 7/ 100.0%30.0%30.0%092
7番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%087
8番人気 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%37492
9番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%079
10~人気 0- 0- 1- 58/ 590.0%0.0%1.7%018

1番・2番人気ともに1勝3着が2回、連帯率は10%とそろって不振。1番人気で勝利したのは19年のインディチャンプなので、よほどの実力馬でなければ買えない。3~5人気が6勝、8人気の馬が2勝しているように一桁人気馬であれば十分勝負圏内となる。二桁人気になると3着が1回あるだけで一転して厳しくなる。あまり人気薄の馬を狙うのはやめていおたほうが無難だろう。

三連単の平均配当は97,000円で、16年には5番人気のスマートレイアーが1着、3着に11番人気のマイネルアウラートが入って35万円と荒れた。

1・2番人気(netkeiba)・・・ヴァンドギャルド、シャドウディーヴァ

二桁人気・・・当日オッズ

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 4- 4- 4- 26/ 3810.5%21.1%31.6%5166
5歳 2- 4- 5- 29/ 405.0%15.0%27.5%61101
6歳 4- 1- 0- 27/ 3212.5%15.6%15.6%14969
7歳 0- 1- 1- 26/ 280.0%3.6%7.1%019
8歳 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00

勝ち馬の10頭が4~6歳。連対率・複勝率でいえば4歳が一歩リードだが、単勝回収値では6歳が150円近くと高い。7歳以上で馬券になったのは2頭のみなので減点が必要になる。

牝馬は全体で【4-2-0-10】で、単勝回収値は270円とかなり活躍している。

牝馬・・・シャドウディーヴァ

7歳以上・・・サトノアーサー、ショウナンライズ、ダイワキャグニー、プロディガルサン

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
エリザベG1 3- 0- 0- 1/ 475.0%75.0%75.0%892272
マイルチG1 2- 0- 1-12/1513.3%13.3%20.0%12860
元町S1600 2- 0- 0- 1/ 366.7%66.7%66.7%290126
ニューイ 1- 3- 1-13/185.6%22.2%27.8%93130
京都金杯HG3 1- 2- 3-25/313.2%9.7%19.4%2039
阪神カッG2 1- 0- 4- 7/128.3%8.3%41.7%42157
中山金杯HG3 0- 1- 1- 3/ 50.0%20.0%40.0%084
キャピタ 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%046
ターコイHG3 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0120
常総S・3勝 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0340
菊花賞G1 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0240
キャピタ(L) 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
天皇賞秋G1 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

G1 レースのマイルチャンピオンシップ組が活躍するのはわかるが、それ以上にエリザベス女王杯組が活躍している。勝率75%なのだから黙って買うべきだろう。他に目につくところではマイル重賞の京都金杯組が思ったほど成績が良くない。それよりは前走3勝クラスの条件線組を狙いたい。

エリザベス女王杯・・・シャドウディーヴァ

前走3勝クラス・・・カラテ

レース検索

前走脚質別集計

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3F 1位 3- 4- 0- 12/ 1915.8%36.8%36.8%9396
3F 2位 0- 1- 1- 10/ 120.0%8.3%16.7%039
3F 3位 0- 2- 1- 15/ 180.0%11.1%16.7%083
3F ~5位 2- 1- 2- 14/ 1910.5%15.8%26.3%12271
3F 6位~ 5- 2- 6- 66/ 796.3%8.9%16.5%6452

前走上がり3F1位の馬の成績が良い。今年のメンバーで該当するのはサトノウィザードのみ。

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%30.0%16080
平地・先行 2- 1- 4- 25/ 326.3%9.4%21.9%8889
平地・中団 6- 4- 4- 44/ 5810.3%17.2%24.1%8260
平地・後方 0- 4- 2- 43/ 490.0%8.2%12.2%045

逃げた馬の連対率が30%と高い。先行馬と差し馬は単勝回収値では差がないが連対率では差し馬が上回っている。

逃げ・・・ダイワキャグニー

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 1- 1- 2- 6/1010.0%20.0%40.0%7893
2番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%9130
3番 0- 3- 0- 7/100.0%30.0%30.0%0111
4番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
5番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%21981
6番 2- 2- 0- 6/1020.0%40.0%40.0%156112
7番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%206103
8番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%5542
9番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
10番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%0126
11番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%025
12番 0- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%063
13番 0- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%0121
14番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
15番 1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%14360
16番 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00

開幕2週目のDコースで行われることもあり、あきらかに内有利の傾向が出ている。15番枠から勝利したスマイルジャックは、安田記念3着の実績があった。

1~8番・・・ダイワキャグニー、サトノウィザード、ロードマイウェイ、カテドラル、トライン、プロディガルサン、ショウナンライズ、ニシノデイジー

まとめ

人気が予想されるヴァンドギャルドだが1番人気が不振のデータもあり強くは推せない。前走がエリザベス女王杯のシャドウディーヴァは牝馬が活躍しているデータもあり推奨馬として問題はない。ただし、当日2番人気になるとやや不安。次点には、上り最速を記録していて内枠に入ったサトノウィザードを。

リスグラシューやクラレントなど、東京の重賞レースで好走歴のある馬が走るデータがある。今年のメンバーで東京の重賞勝ちがあるのは、ダイワキャグニー・サトノアーサー・ニシノデイジーの3頭。このうち5歳のニシノデイジーを穴としてあげる。

推奨シャドウディーヴァ
減点ありサトノウィザード
ニシノデイジー

コメント

タイトルとURLをコピーしました