東京新聞杯 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210207カラテ牡5菅原明良 56 10   05-045
200209プリモシーン牝5M.デム 56 1   06-064
190203インディチャンプ牡4福永祐一 56 2   07-061
180204リスグラシュー牝4武豊 55 8   07-073
170205ブラックスピネル牡4M.デム 56 2   01-013
160207スマートレイアー牝6吉田隼人 55 6   01-015
150208ヴァンセンヌ牡6福永祐一 56 6   07-073
140217ホエールキャプチャ牝6蛯名正義 57 7   08-108
130203クラレント牡4岩田康誠 56 5   05-072
120205ガルボ牡5石橋脩 56 5   03-038
集計期間:2012. 2. 5 ~ 2021. 2. 7

安田記念と同じコースで行われる、G3のマイル戦。春のマイル王を目指す素質馬が毎年参戦してくる。19年のインディチャンプは、その後、安田記念とマイルチャンピオンシップを制してマイル王に輝いた。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 1- 0- 2- 7/ 1010.0%10.0%30.0%2743
2番人気 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%5136
3番人気 3- 1- 1- 5/ 1030.0%40.0%50.0%179108
4番人気 1- 1- 2- 6/ 1010.0%20.0%40.0%78104
5番人気 2- 3- 2- 3/ 1020.0%50.0%70.0%212202
6番人気 0- 3- 0- 7/ 100.0%30.0%30.0%092
7番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%038
8番人気 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%37492
9番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%079
10~人気 0- 1- 1- 57/ 590.0%1.7%3.4%030

1番人気で勝利したのは19・インディチャンプのみ。2番人気も1勝のみと、1・2人気馬そろって不振。

3~5人気が合わせて6勝をあげており、中位人気の馬が狙い目になっている。

三連単の平均配当は11万円で、1・2人気が不振のわりにはそれほど荒れていない。

上位人気(想定)・・・ファインルージュ、ホウオウアマゾン、イルーシヴパンサー、カラテ、カテドラル

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 4- 4- 3- 26/ 3710.8%21.6%29.7%5364
5歳 3- 4- 6- 30/ 437.0%16.3%30.2%84114
6歳 3- 1- 0- 28/ 329.4%12.5%12.5%11359
7歳 0- 1- 1- 24/ 260.0%3.8%7.7%021
8歳 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00

勝ち馬はすべて4~6歳で、連対率でいえば4歳が一歩リードしているが、単勝回収値では6歳が110円と高い。7歳以上で馬券になったのは2頭のみで減点。

牝馬は全体で【4-2-1-9】。単勝回収値は270円と大活躍している。

牝馬・・・ファインルージュ、ディアンドル、マルターズディオサ、ドナアトラエンテ、エイシンチラー

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3勝 3- 1- 0- 5/ 933.3%44.4%44.4%225122
OPEN非L 1- 3- 1- 30/ 352.9%11.4%14.3%4860
OPEN(L) 0- 1- 0- 10/ 110.0%9.1%9.1%067
G3 1- 4- 4- 41/ 502.0%10.0%18.0%1237
G2 1- 0- 3- 15/ 195.3%5.3%21.1%2691
G1 4- 1- 2- 16/ 2317.4%21.7%30.4%18993

前走G1組の4勝はすべて牝馬によるもので、3つがエリザベス女王杯、残りがマイルCSとなっている。特筆すべきは前走3勝クラスで、昨年もカラテが5人気で勝利した。

G1・・・ファインルージュ、カテドラル

3勝クラス・・・ワールドバローズ、エイシンチラー、イルーシヴパンサー

レース検索

前走脚質別集計

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3F 1位 3- 4- 0- 12/ 1915.8%36.8%36.8%9396
3F 2位 0- 1- 1- 9/ 110.0%9.1%18.2%042
3F 3位 1- 2- 1- 16/ 205.0%15.0%20.0%5894
3F ~5位 2- 0- 3- 15/ 2010.0%10.0%25.0%11655
3F 6位~ 4- 3- 5- 65/ 775.2%9.1%15.6%5157

前走上がり3F1位の馬の成績が良い。

該当馬・・・ファインルージュ、カラテ、イルーシヴパンサー、ワールドバローズ

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%30.0%16080
平地・先行 2- 1- 4- 26/ 336.1%9.1%21.2%8688
平地・中団 6- 4- 4- 44/ 5810.3%17.2%24.1%8265
平地・後方 0- 4- 2- 42/ 480.0%8.3%12.5%046

2月の東京開催は、(春開催のために)馬場を保護する目的でDコース使用となる。内柵がもっとも外側に置かれて幅員が狭くなり、逃げ先行馬に有利なコース設定だが、データからは差し馬が6勝と活躍している。

逃げ馬は連対率30%で単勝回収値も160円と高い。

逃げ・・・トーラスジェミニ

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%7878
2番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%9130
3番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%062
4番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%082
5番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%21981
6番 2- 2- 0- 6/1020.0%40.0%40.0%156112
7番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%206103
8番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%5542
9番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
10番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%116164
11番 0- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%052
12番 0- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%063
13番 0- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%0121
14番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
15番 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%021
16番 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00

本来、東京・1600(芝)はスムーズに追走できる分、外枠が若干有利な傾向になっているが、この東京新聞杯に限ってはDコース使用ということもあり、内枠有利のデータになっている。過去10年で11番より外の馬番から勝利した馬はいない。

1~8番・・・アオイクレアトール、ワールドバローズ、ディアンドル、マルターズディオサ、トーラスジェミニ、ファインルージュ、ケイデンスコール、ドナアトラエンテ

まとめ

牝馬で前走G1のファインルージュが満点でクリア! と、言いたいところだが、おそらく当日に1番人気に支持されるであろう同馬は強くは推せない。鞍上のルメール騎手がスランプということもあり、次点が妥当だろう。

推奨馬は、前走3勝クラス1着・上がり3F1位、内枠に入ったワールドバローズを抜擢したい。同じく3勝クラスを勝ち上がったばかりのイルーシヴパンサーはやや外枠に入ったのと、下手をすると2番人気になるのではないかという不安がある。

穴は今度は逃げそうなトーラスジェミニ。

推奨ワールドバローズ
減点ありファインルージュ
トーラスジェミニ

コメント

タイトルとURLをコピーしました