宝塚記念 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
クロノジェネシス牝4北村友一 56 16 08-07-012
リスグラシュー牝5レーン 56 12 02-02-023
ミッキーロケット牡5和田竜二 58 4 05-03-027
サトノクラウン牡5M.デム 58 11 06-06-063
マリアライト牝5蛯名正義 56 16 11-10-068
ラブリーデイ牡5川田将雅 58 16 02-02-026
ゴールドシップ牡5横山典弘 58 11 03-04-041
ゴールドシップ牡4内田博幸 58 10 04-03-042
オルフェーヴル牡4池添謙一 58 11 11-12-121
アーネストリー牡6佐藤哲三 58 2 02-02-026
集計期間:2011. 6.26 ~ 2020. 6.28

年末の有馬記念に対抗すべく夏のグランプリとして創設された。過去にはネオユニヴァースやウオッカなど、ダービーを勝った3歳馬が出走したこともある。暑い時期を嫌って回避する陣営も多く、年によっては手薄なメンバー構成になることもある。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 3- 1- 4/ 1020.0%50.0%60.0%5984
2番人気 2- 1- 1- 6/ 1020.0%30.0%40.0%7064
3番人気 2- 0- 1- 7/ 1020.0%20.0%30.0%14482
4番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%045
5番人気 0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%20.0%092
6番人気 2- 1- 2- 5/ 1020.0%30.0%50.0%278157
7番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%13139
8番人気 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%251117
9番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%081
10~人気 0- 2- 3- 50/ 550.0%3.6%9.1%088

前半戦の総決算ともいえるレースでG1を何勝もするような名馬が参戦してくるが、意外にも1番人気は2勝止まりで勝てていない。ゴールドシップやキタサンブラックのように単勝1倍台の人気を集めながら敗れた馬もいる。

2~3人気馬も2勝のみ。単勝回収値でいえば6~8人気の数値が良い。当日の馬場状態(過去10年で4回が稍重)にもよるが、良馬場だと人気馬の好走率が高く、稍重だと人気薄の馬が好走する傾向が高くなる。

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
4歳 3- 1- 6- 34/ 446.8%9.1%22.7%2395
5歳 6- 5- 4- 36/ 5111.8%21.6%29.4%136113
6歳 1- 3- 0- 22/ 263.8%15.4%15.4%5275
7歳 0- 1- 0- 12/ 130.0%7.7%7.7%042
8歳 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00

基本的には4歳vs5歳の構図。たまに6歳が割って入ってくるイメージ。5歳の連対率は21%と高い。

昨年は4歳馬のクロノジェネシスが優勝しがたが、それまでは5歳馬が6年連続で勝利していた。7歳で2着に入ったのは香港馬のワーザーのみになっている。馬券の軸は5歳馬から選ぶのが良い

牝馬は【3-2-4-11】と活躍している。割り引く必要はまったくない。

5歳馬・・・クロノジェネシス、カレンブーケドール、モズベッロ、メロディーレーン

牝馬・・・クロノジェネシス、レイパパレ、カレンブーケドール、ミスマンマミーアメロディーレーン

7歳以上・・・カデナ、キセキ、シロニイ

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
天皇賞春G1 4- 3- 3-31/419.8%17.1%24.4%5398
大阪杯G1 2- 1- 0- 9/1216.7%25.0%25.0%10966
鳴尾記念G3 1- 2- 1-14/185.6%16.7%22.2%78104
QE2G1 1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%10870
目黒記念HG2 1- 0- 1-14/166.3%6.3%12.5%15671
金鯱賞G2 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%45380
ヴィクトG1 0- 1- 3- 5/ 90.0%11.1%44.4%0335
DSCG1 0- 1- 2- 6/ 90.0%11.1%33.3%054
ライオG3 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0550
菊花賞G1 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

天皇賞春組が4勝2着3回でトップ。ただし、前述したキタサンブラックやゴールドシップなどのように人気に推されて裏切るケースも多いので注意が必要。オルフェーヴル・ゴールドシップ・ミッキーロケットは、いずれも馬券圏外から巻き返した。

大坂杯組は阪神競馬場ということもあり毎年人気になるが、G1昇格後に連勝を達成した馬はない。昨年のラッキーライラックも4着に敗れた。今年1・2着馬のレイパパレ・モズベッロにとっては、あまりうれしくないデータ。

ドバイからの参戦となるクロノジェネシスだが、ドバイ経由で勝った馬はいない。

天皇賞春・・・カレンブーケドール、アリストテレス、シロニイ

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 1- 1- 2- 23/ 273.7%7.4%14.8%5259
前走2着 2- 3- 4- 10/ 1910.5%26.3%47.4%153115
前走3着 2- 1- 1- 10/ 1414.3%21.4%28.6%13575
前走4着 1- 1- 0- 10/ 128.3%16.7%16.7%109100
前走5着 1- 0- 0- 11/ 128.3%8.3%8.3%2411
前走6~9着 2- 3- 3- 33/ 414.9%12.2%19.5%28133
前走10着~ 1- 1- 0- 17/ 195.3%10.5%10.5%1643

前走1着から連勝をした馬は、過去10年でラブリーデイだけ。とくに近年は連勝を飾るのが難しくなっている。複勝率だと前走2着の馬が47%と優秀。穴だと前走で6~9着に敗れていた馬がねらい目となっている。

前走2着・・・クロノジェネシス、モズベッロ

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%0111
先行 7- 3- 2- 26/ 3818.4%26.3%31.6%14792
中団 2- 1- 4- 43/ 504.0%6.0%14.0%6896
後方 1- 4- 2- 39/ 462.2%10.9%15.2%659
マクリ 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0370

先行脚質が7勝と安定している。例年、馬場が渋ると上がりがかかって外差しが決まる傾向があるが、今年は開幕2週目(例年は4週目)で良馬場であれば速い上がりを求められそう。

先行脚質・・・カレンブーケドール

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%0177
2番 1- 1- 2- 6/1010.0%20.0%40.0%136181
3番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%097
4番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%13192
5番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%081
6番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%064
7番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%017
8番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%057
9番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%011
10番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%2914
11番 3- 0- 2- 5/1030.0%30.0%50.0%149121
12番 1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%67182
13番 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%091
14番 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%061
15番 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
16番 3- 0- 0- 3/ 650.0%50.0%50.0%723166
17番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
18番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

宝塚記念の阪神2200は、大阪杯(2000)からスタート地点が後ろに下がったコースで行われる。今年は少頭数のため馬番についてはそれほど気にする必要はないが、奇数馬番よりも偶数馬番のゲートに入った馬が優位のデータが出ている。

レース検索

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ノーザンファーム 6- 5- 4-51/669.1%16.7%22.7%10784
出口牧場 2- 0- 0- 1/ 366.7%66.7%66.7%186103
社台コーポレーション白老ファーム 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%64362
ノースヒルズマネジメント 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%13624
下河辺牧場 0- 2- 0- 2/ 40.0%50.0%50.0%0127
北勝ファーム 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0550
ケイアイファーム 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0370
C D Allison C V & J A Barnao et al 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0550
社台ファーム 0- 0- 1-12/130.0%0.0%7.7%012
ヤナガワ牧場 0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%037

6年連続でノーザンファーム生産馬が連勝している。1着になった6頭に共通しているのは、4or5歳・2番人気以下・前走が重賞、となっている。該当するのは、レイパパレ、アリストテレスとなる。

まとめ

人気なることが多いノーザンファーム生産馬だが、6連勝というデータは無視できない。

昨年圧勝したクロノジェネシスと無敗で大阪杯を制したレイパパレの一騎打ちムードだが、ルメール騎手が宝塚記念で【0-0-0-6】とまったく馬券に絡めていないデータが気がかり。大阪杯から連勝した馬がいないという点がマイナスだが、オークス以降の重賞レースで1番人気馬の取りこぼしが目立つこともあり、当日に2番人気になるであろうレイパパレを推奨馬としたい。穴とはいえないが、カレンブーケドールは社台ファーム生産という項目以外減点はない。

推奨レイパパレ
減点ありクロノジェネシス
カレンブーケドール

コメント

タイトルとURLをコピーしました