朝日杯フューチュリティステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
201220グレナディアガーズ牡2川田将雅 55 2   03-027
191215サリオス牡2ムーア 55 6   03-031
181216アドマイヤマーズ牡2M.デム 55 6   03-032
171217ダノンプレミアム牡2川田将雅 55 1   03-041
161218サトノアレス牡2四位洋文 55 17   13-126
151220リオンディーズ牡2M.デム 55 15   15-152
141221ダノンプラチナ牡2蛯名正義 55 2   14-121
131215アジアエクスプレス牡2ムーア 55 6 11-09-074
121216ロゴタイプ牡2M.デム 55 14 02-02-027
111218アルフレード牡2ウィリア 55 3 04-04-031
集計期間:2011.12.18 ~ 2020.12.20

ホープフルSが出来るまでは2歳牡馬にとって唯一のG1レースだった。過去にはミホノブルボンやナリタブライアンなど、数々の名馬が勝利した。

過去10年の勝ち馬で、春のクラシックを勝利したのはロゴタイプ(皐月賞)のみ。近年はレースの分散と翌年のクラシックを目標にあまりレースを使わない傾向が進んでレベル自体は下がりつつある。

13年以前は中山1600のコースで行われていたが、14年から阪神JFと同じく阪神競馬場の1600メートルで行われるようになった。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 4- 2- 2- 2/ 1040.0%60.0%80.0%120104
2番人気 2- 2- 1- 5/ 1020.0%40.0%50.0%10580
3番人気 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%060
4番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%8766
5番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%040
6番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%14286
7番人気 2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%30.0%520118
8番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%039
9番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%049
10~人気 0- 1- 3- 69/ 730.0%1.4%5.5%070

1番人気の勝率は40%だが複勝率は80%と合格点。2番人気も連対率は40%と高いとはいえないまでも2歳戦であることを考えると悪くはない数字。勝ち馬は7番人気以内から出ている。

10番人気以下で馬券になった4頭には栗東所属という共通点があった。

上位人気(想定)・・・セリフォス、ジオグリフ、ダノンスコーピオン、ドウデュース、ドーブネ、オタルエバ―、トウシンマカオ

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
新馬 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%14745
未勝利 1- 0- 1- 9/ 119.1%9.1%18.2%159243
1勝 5- 1- 2- 32/ 4012.5%15.0%20.0%16268
OPEN非L 0- 0- 1- 20/ 210.0%0.0%4.8%08
G3 2- 5- 1- 19/ 277.4%25.9%29.6%1556
G2 1- 4- 5- 46/ 561.8%8.9%17.9%875

前走で1勝クラスを使われていた馬が5勝とトップ。重賞・OP組が苦戦の傾向にある。昨年は未勝利戦を勝ちあがったばかりのグレナディアガーズが勝利したように、下級条件戦でもそこで強いレースをしているようなら侮れない。

1勝クラス・・・オタルエバ―、デュガ

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1200m 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
1400m 1- 3- 4- 56/ 641.6%6.3%12.5%2778
1600m 8- 4- 6- 41/ 5913.6%20.3%30.5%12592
1700m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
1800m 0- 3- 0- 22/ 250.0%12.0%12.0%034
2000m 1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%9830

勝ち馬の8頭が前走で1600メートルの距離を使われていた。複勝率でも30%と優秀。前走1400メートルの距離から勝利したのは10年・グランプリボスのみで、軸馬は素直に前走1600メートル組から選びたい。

前走1600・・・セリフォス、スプリットザシー、トゥードジボン、他

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 10- 6- 8- 61/ 8511.8%18.8%28.2%11492
前走2着 0- 1- 1- 23/ 250.0%4.0%8.0%042
前走3着 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%078
前走4着 0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%0151
前走5着 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
前走6~9着 0- 2- 0- 19/ 210.0%9.5%9.5%036
前走10着~ 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00

勝ち馬のすべてが前走で1着だった。頭は必ず前走1着の馬から選びたい。13年には1番人気に支持されていたアトム(デイリー杯・2着)が5着に沈んだように、前走2着でも減点が必要。

前走2着以下・・・トウシンマカオ、プルパレイ、他

レース検索

前走人気別集計

前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気 7- 3- 5- 22/ 3718.9%27.0%40.5%125147
前走2人気 2- 1- 1- 27/ 316.5%9.7%12.9%5332
前走3人気 0- 4- 0- 15/ 190.0%21.1%21.1%0111
前走4人気 1- 0- 1- 17/ 195.3%5.3%10.5%18133
前走5人気 0- 1- 2- 17/ 200.0%5.0%15.0%047
前走6~9人 0- 0- 1- 28/ 290.0%0.0%3.4%031
前走10人~ 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%061

連対馬の20頭中17頭が前走で3番人気以内に支持されていた。とくに前走1番人気の馬の成績が良い。2歳戦でもあり、早いうちから評価されているような完成度の高さが求められる。

前走1番人気・・・セリフォス、ジオグリフ、オタルエバ―、ドーブネ、スプリットザシー

レース検索

前走着差別集計

前走着差 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
勝1.0~1.9 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%870390
勝0.6~0.9 0- 1- 2- 1/ 40.0%25.0%75.0%0645
勝0.3~0.5 3- 4- 3-11/2114.3%33.3%47.6%116108
勝0.1~0.2 6- 1- 1-34/4214.3%16.7%19.0%15353
勝0.0 0- 0- 2-15/170.0%0.0%11.8%024

前走1着馬の成績が良いことは前述したが、そこで着差なしだと成績が悪い。なるべく着差をつけて勝っている馬を買いたい。

1着・着差なし・・・セリフォス、ダノンスコーピオン、ドウデュース

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%091
平地・先行 6- 2- 2- 28/ 3815.8%21.1%26.3%16872
平地・中団 3- 7- 5- 48/ 634.8%15.9%23.8%4371
平地・後方 1- 1- 2- 48/ 521.9%3.8%7.7%1164

逃げて連対した馬はいない。阪神は連続開催でインコースが荒れてきているため、今週も逃げ馬は厳しくなりそう。

逃げ・・・オタルエバ―、ドーブネ、デュガ、他

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%2360
2番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%22162
3番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%3157
4番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%0118
5番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%011
6番 3- 1- 0- 6/1030.0%40.0%40.0%153170
7番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%017
8番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%032
9番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%0236
10番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%055
11番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%058
12番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
13番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%078
14番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%345103
15番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%5957
16番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
17番 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%710195
18番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

勝ち馬の7頭が1~6の内枠から出ているが、今年は連続開催で内が荒れてきているので中~外枠の方がレースはしやすいだろう。

枠順・・・発表待ち

まとめ

3戦3勝で当日も1番人気が想定されるセリフォスだが、前走の着差なしが気になる。一方、2番人気が想定されるジオグリフも、ルメール騎手が朝日杯【0-1-2-7】とまったく勝てていない。この中には1番人気のグランアレグリアもいた。どちらも減点材料があるがノーザンファーム生産馬が現在3連勝中のデータを根拠に札幌2歳Sで2着馬に0.7秒差をつけたジオグリフを優位とみたい。

穴は1勝クラスを1番人気、0.3差で勝ち上がったオタルエバ―が良さそう。同馬は逃げ脚質なのが割引材料。

推奨ジオグリフ
減点ありセリフォス
オタルエバ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました