フローラステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

馬名性齢騎手斤量馬番人気馬場状態通過順馬体重
ウィクトーリア牝3戸崎圭太 5443 12-12-11466
サトノワルキューレ牝3M.デム 5441 16-15-14446
モズカッチャン牝3和田竜二 54112 07-07-08468
チェッキーノ牝3ルメール 54183 08-08-08464
シングウィズジョイ牝3内田博幸 5452 02-02-02450
サングレアル牝3岩田康誠 5424 13-13-13414
デニムアンドルビー牝3内田博幸 54121 18-16-05432
ミッドサマーフェア牝3蛯名正義 5461 06-07-07452
バウンシーチューン牝3三浦皇成 5489 16-12-13412
サンテミリオン牝3横山典弘 54151 02-02-02454
集計期間:2010. 4.25 ~ 2019. 4.21
レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 4- 1- 0- 5/ 1040.0%50.0%50.0%10671
2番人気 1- 4- 2- 3/ 1010.0%50.0%70.0%60131
3番人気 2- 0- 2- 6/ 1020.0%20.0%40.0%12494
4番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%9159
5番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%026
6番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%032
7番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 1- 0- 2- 7/ 1010.0%10.0%30.0%269179
10~人気 1- 3- 3- 76/ 831.2%4.8%8.4%44150

過去10年のうち勝ち馬の8頭は4番人気以内から出ている一方、10番人気以下の馬で馬券になった馬が7頭もいる。馬単で10万円以上の大荒れが2回、6万円台が1回と、比較的固い年と大きく荒れる年の差が激しい

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
新馬 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
未勝利 2- 1- 1- 24/ 287.1%10.7%14.3%10992
500万下 6- 6- 4- 59/ 758.0%16.0%21.3%85161
OPEN特別 1- 0- 0- 15/ 166.3%6.3%6.3%3514
G3 1- 3- 5- 34/ 432.3%9.3%20.9%480
G2 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
G1 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

前走が1勝クラス・未勝利戦の馬が連対馬20頭中15頭を占めている。一方、前走重賞組の勝ち馬がわずかに1頭と不振になっている。これはかなりめずらしいデータだ。中には桜花賞3着で1番人気に推されていたダノンファンタジアやクイーンSで2着だったマジックタイムもいた。前走重賞組は割り引いて考えたい

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 8- 4- 1- 41/ 5414.8%22.2%24.1%16893
前走2着 0- 3- 2- 18/ 230.0%13.0%21.7%066
前走3着 1- 1- 2- 11/ 156.7%13.3%26.7%1248
前走4着 1- 1- 0- 17/ 195.3%10.5%10.5%4727
前走5着 0- 0- 2- 13/ 150.0%0.0%13.3%046
前走6~9着 0- 1- 3- 26/ 300.0%3.3%13.3%0328
前走10着~ 0- 0- 0- 17/ 170.0%0.0%0.0%00

勝ち馬8頭がでているように前走1着の馬が圧倒的にシェアを占めている。素直に頭は前走1着の馬から選びたい。前走5着以下から馬券になった5頭は前走がOPクラスか馬番が8より内の馬だった。前走1勝クラスで5着以下で外目の枠に入った馬の巻き返しは難しいと考えたい。前走二桁着順の馬は消しでいい

前走1着・・・ウィスパリンホープ、ウインマリリン、ナスノフォルテ、ヒューマンコメディ、ファナ、レッドサーシャ

消し・・・シャンドフルール、ショウナンハレルヤ

レース検索

前走人気別集計

前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気 4- 2- 1- 16/ 2317.4%26.1%30.4%151122
前走2人気 4- 2- 2- 27/ 3511.4%17.1%22.9%16868
前走3人気 1- 2- 1- 20/ 244.2%12.5%16.7%2330
前走4人気 1- 1- 1- 15/ 185.6%11.1%16.7%1563
前走5人気 0- 2- 1- 12/ 150.0%13.3%20.0%060
前走6~9人 0- 0- 3- 31/ 340.0%0.0%8.8%0127
前走10人~ 0- 1- 1- 22/ 240.0%4.2%8.3%0251

勝ち馬のすべてが前走で4番人気以内に推されていた。とくに前走が未勝利クラスの場合は1番人気に推されていたのが必須条件。前走5人気以下から馬券になった馬は内目の枠か前走重賞がほとんどだ。例外は12年2着のアイスフォーリスだが、同馬は当日に2番人気に推されていた。前走着順と同じく、前走1勝クラスで5番人気以下だった馬で外目の枠に入った馬は厳しい。

前走4人気以内・・・ウインキートス、ウインマリリン、ヴォリアーモ、スカイグルーヴ、ファナ、ホウオウピースフル、リヴァージュ、レッドサーシャ、レッドルレーヴ

まとめ

東京2000は内枠が有利なので枠順発表次第の面があるが、前走ミモザ賞で1着だったウインマリリンと未勝利戦を1番人気で突破したファナがデータ上は有力となる。人気になりそうなスカイグルーヴ・レッドルレーヴ・ホウオウピースフルは前走重賞組が苦戦しているので割り引いて考えた方がいいだろう。3頭の中であえて順位をつけるとしたら、前走フラワーC組のレッドルレーヴがやや上位か。穴では1~6番の内枠に入った馬と、開幕週の馬場で上がりの早い馬が活躍しているデータがあり、クイーンCで上がり2位を記録したアカノニジュウイチに注意したい。

推奨ウインマリリン・ファナ
減点ありスカイグルーヴ・レッドルレーヴ・ホウオウピースフル
1~6番の馬・アカノニジュウイチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました