CBC賞 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

馬名性齢騎手斤量馬番人気馬場状態通過順馬体重
レッドアンシェル牡5福永祐一 56 91   06-08466
アレスバローズ牡6川田将雅 54 84   10-08490
シャイニングレイ牡5北村友一 56 72   16-15530
レッドファルクス牡5M.デム 56 113   09-09466
ウリウリ牝5岩田康誠55.562   14-12468
トーホウアマポーラ牝5福永祐一 53 114   07-07496
マジンプロスパー牡6福永祐一 58 141   03-03504
マジンプロスパー牡5浜中俊57.5162   02-02500
ダッシャーゴーゴー牡4川田将雅58.5111   11-07522
ヘッドライナーセ6幸英明 56 64   01-01492
集計期間:2010. 6.13 ~ 2019. 6.30

2016年の勝ち馬のレッドファルクスは、その後にスプリンターズSを勝利した。

今年は京都競馬場改修工事の影響で阪神競馬場で行われる。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 1- 1- 5/ 1030.0%40.0%50.0%10582
2番人気 3- 1- 2- 4/ 1030.0%40.0%60.0%153122
3番人気 1- 1- 3- 5/ 1010.0%20.0%50.0%75118
4番人気 3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%273128
5番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
6番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
7番人気 0- 4- 0- 6/ 100.0%40.0%40.0%0150
8番人気 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%091
9番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%053
10~人気 0- 1- 2- 67/ 700.0%1.4%4.3%039

勝ち馬のすべてが4番人気以内。連対馬の20頭中14頭が4番人気以内と、ハンデ戦のわりに比較的上位人気での決着が多い。

5・6番人気はまったく馬券になっていないのが特徴で、7番人気は2着が4回と極端になっている。

10番人気以下で馬券になったのは、過去10年で3頭のみと、穴党には厳しいレースになっている。

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 0- 1- 0- 15/ 160.0%6.3%6.3%025
4歳 1- 1- 2- 14/ 185.6%11.1%22.2%1945
5歳 6- 4- 4- 31/ 4513.3%22.2%31.1%79105
6歳 3- 2- 4- 42/ 515.9%9.8%17.6%4170
7歳 0- 2- 0- 14/ 160.0%12.5%12.5%039
8歳 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00

3歳馬も挑戦しているが馬券になったのは1頭のみと不振。

4歳も不振で、中心は6勝をあげている5歳になっている。次いで3勝の6歳。

7歳・8歳は不振になっている。

牝馬は【2-4-2-43】で、単勝回収値は28円と低い。

5歳・・・アンヴァル、エイシンデネブ、タイセイアベニール、ラブカンプー

7歳以上・・・ショウナンアンセム、ダイシンバルカン、ナインテイルズ

レース検索

斤量別集計

斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~49kg 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
49.5~51kg 0- 1- 0- 11/ 120.0%8.3%8.3%039
51.5~53kg 1- 2- 0- 39/ 422.4%7.1%7.1%2229
53.5~55kg 1- 3- 2- 40/ 462.2%8.7%13.0%1945
55.5~57kg 5- 1- 6- 31/ 4311.6%14.0%27.9%70110
57.5~59kg 3- 3- 2- 5/ 1323.1%46.2%61.5%89130

ハンデ戦だが、重ければ重いほど成績が優秀になっている。

とくに57.5~ の重ハンデを背負った馬は複勝率が61%とずば抜けている。

一方、53以下の軽量ハンデの場合は、まったくダメというわけではないが信頼度がかなり落ちる。

57.5キロ以上・・・クリノガウディー

53キロ以下・・・イベリス、エイシンデネブ、ダイシンバルカン、ディメンシオン、ナインテイルズ、ノーワン、ラブカンプー、ロケット

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
2勝 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
3勝 1- 2- 1- 11/ 156.7%20.0%26.7%2288
OPEN非L 5- 3- 4- 70/ 826.1%9.8%14.6%4471
OPEN(L) 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
G3 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
G2 2- 2- 0- 9/ 1315.4%30.8%30.8%10063
G1 2- 3- 4- 21/ 306.7%16.7%30.0%2667

前走G2組の連対率が30%と優秀。3勝クラスの複勝率も26%と悪くない。

前走OP特別組は5勝と最多の勝ち星をあげている。

前走G1組は2勝・2着3回と悪くない数字だが、人気を背負って裏切るパターンもあり信頼度はそこまで高くない。

前走・高松宮記念組は全体で【2-2-3-11】。このうち57.5以上を背負った馬は【2-2-2-1】と高確率で馬券になっている。

前走G2・・・レッドアンシェル、ノーワン、ディメンシオン

高松宮記念・57.5以上・・・クリノガウディー

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1000m 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%023
1200m 4- 4- 6- 71/ 854.7%9.4%16.5%2446
1400m 5- 5- 1- 33/ 4411.4%22.7%25.0%8297
1600m 1- 1- 2- 17/ 214.8%9.5%19.0%1783

前走1400組が優秀。この中には京王杯SC組と安土城SHが含まれる。

前走1400・・・アンヴァル、エイシンデネブ、グランドロワ、ディープダイバー、レッドアンシェル、ロケット

レース検索

調教師分類別集計

調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 1- 0- 1- 21/ 234.3%4.3%8.7%3221
栗東 9- 10- 9-109/1376.6%13.9%20.4%3870

美浦所属で馬券になったのは2頭のみ。このうちの1頭はG1馬のレッドファルクス。馬券の軸は栗東所属の馬から選ぶべき。

美浦所属・・・ショウナンアンセム

まとめ

冒頭にも書いたように今年は阪神開催のためデータがそのまま通用するか微妙だが、前走が高松宮記念を1着降着になったクリノガウディーは馬券圏内は堅そう。

他では前走G2・1400組のレッドアンシェル。むしろ4歳が1勝に対して6歳が3勝なので、頭までありうる。

穴では、安土城SHを使われたエイシンデネブとロケットが良さそう。

そこそこ人気になりそうなタイセイアベニールは、前走1200・OP特別組が【1-0-2-37】と低調なのが気がかり。

推奨クリノガウディー
減点ありレッドアンシェル
エイシンデネブ・ロケット

コメント

タイトルとURLをコピーしました