函館記念 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
190714 マイスタイル牡5田中勝春 56 4 01-01-011
180715 エアアンセム牡7藤岡佑介 55 6 04-04-035
170716 ルミナスウォリアー牡6柴山雄一 55 12 08-07-035
160717 マイネルミラノ牡6丹内祐次 56 6 01-01-013
150719 ダービーフィズ牡5岩田康誠 54 5 08-05-043
140720 ラブイズブーシェ牡5古川吉洋 56 3 12-11-032
130714 トウケイヘイロー牡4武豊57.58 01-01-013
120715 トランスワープセ7大野拓弥 54 3 10-07-084
110724 キングトップガン牡8横山典弘 54 4 06-09-084
100725 マイネルスターリー牡5ホワイト 56 6 06-04-022
集計期間:2010. 7.25 ~ 2019. 7.14

函館競馬場で行われる重賞レースとして歴史は古く、一貫してハンデ戦として行われてきた。

2004~2007年にかけて襟もハリアーが3連覇を達成。

過去にはサッカーボーイやニッポーテイオーなど、名馬の名前が並んでいる。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%5038
2番人気 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%12846
3番人気 3- 0- 1- 6/ 1030.0%30.0%40.0%186102
4番人気 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%14856
5番人気 2- 0- 1- 7/ 1020.0%20.0%30.0%18693
6番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
7番人気 0- 2- 5- 3/ 100.0%20.0%70.0%0344
8番人気 0- 2- 1- 7/ 100.0%20.0%30.0%0161
9番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%093
10~人気 0- 4- 1- 64/ 690.0%5.8%7.2%077

1番人気が1勝・2着1回と不振。2番人気も2勝のみだが、勝ち馬のすべてが1~5番人気になっている。

一方、2着は7番人気以下が9頭を占めるなど、対極的な成績になっている。

データからは、1着は上位人気の馬から選んで、2着は下位人気の馬に手広く流すのが正解。

レース検索

各種配当

単勝配当複勝配当枠連馬連馬単3連複3連単
5002001550387064801024052140
9603301440554011310119750571480
90033070303513053160152330915320
7402902770108901855041470233010
640270352081201292027810124990
7102703110500087401613085710
48023029403590607021930102090
72026068098701605024550152360
76030019400159102364069140401180
57019077015403190408020350

上記のデータとかぶるが、単勝が10年連続で10倍以下の配当に対して、3連単は10年のうち7回が10万円オーバーと荒れている。

3連単を買うなら生半可な穴狙いでは通用しない。

レース検索

斤量別集計

斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~49kg 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
49.5~51kg 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
51.5~53kg 0- 3- 1- 17/ 210.0%14.3%19.0%0128
53.5~55kg 5- 2- 5- 45/ 578.8%12.3%21.1%69104
55.5~57kg 4- 3- 3- 52/ 626.5%11.3%16.1%4075
57.5~59kg 1- 2- 1- 11/ 156.7%20.0%26.7%3287

勝ち馬の10頭中9頭は53.5~57キロの斤量を背負っていた。

53キロ以下だと2着までで、1着はない。

51キロ以下は4頭のみと少ないが過去10年で馬券になった例はない。

51キロ以下・・・スズカロング、レイホーロマンス

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%0166
4歳 1- 4- 1- 9/ 156.7%33.3%40.0%32141
5歳 4- 0- 4- 31/ 3910.3%10.3%20.5%62104
6歳 2- 1- 3- 44/ 504.0%6.0%12.0%3253
7歳 2- 3- 0- 22/ 277.4%18.5%18.5%62110
8歳 1- 1- 1- 12/ 156.7%13.3%20.0%5095

勝ち馬が4~8歳から出ているように年齢による特徴がないのが特徴。高齢馬でも減点する必要はない。

連対率・複勝率では4歳馬が一応の狙いということになるが、勝ち馬が1頭(13年トウケイヘイロー)のみとなっている。

牝馬は全体で【0-0-1-7】となっている。減点が妥当だろう。

牝馬・・・レイホーロマンス、ミスマンマミーア

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
目黒記念HG2 3- 0- 0- 9/1225.0%25.0%25.0%17570
エプソムG3 2- 1- 1- 7/1118.2%27.3%36.4%154141
巴賞 1- 4- 2-44/512.0%9.8%13.7%964
新潟大賞HG3 1- 1- 1- 5/ 812.5%25.0%37.5%71178
鳴尾記念G3 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%4846
金鯱賞G2 1- 0- 1- 1/ 333.3%33.3%66.7%300200
福島テレ 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%360130
天皇賞春G1 0- 2- 1- 7/100.0%20.0%30.0%0238
五稜郭SH 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%0225
日経賞G2 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%0146
マーメイHG3 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0780
ジューン1600 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0420
NHKマG1 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0500
函館競馬H 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
福島民報H 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

ステップレースでは、目黒記念が3勝をあげてトップ。3頭は当日に4番人気以内に推されていた。今年はニシノデイジーが目黒記念18着から登録しているが、当日に4番人気以内に推されるようなら頭で買ってもいいだろう。

その他、G2・G3など重賞を使われてきた馬が目立つ。

問題は同じ函館競馬場で行われる巴賞組で、過去10年で【1-4-2-44】と、そこそこ馬券になるものの、勝ったのは昨年のマイスタイルのみで、単勝回収値は9円と低い。ちなみに昨年は1・2・4・5着が巴賞組だった。

マイスタイルが巴賞・9着→1着、マイネルファンロンが巴賞12着→2着と巻き返したように巴賞の着順は気しなくて良い。むしろ巴賞で1~5着馬は全体で【0-1-1-26】と不振が目立つ。

他では前走・条件戦組は数は少ない物の3着が1回あるのみなので、減点でいいだろう。

巴賞・1~5着・・・トーラスジェミニ

前走・条件戦・・・スズカロング、ドンアルゴス

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 3- 0- 1- 6/ 1030.0%30.0%40.0%172139
平地・先行 4- 6- 5- 19/ 3411.8%29.4%44.1%90257
平地・中団 2- 4- 3- 54/ 633.2%9.5%14.3%2358
平地・後方 0- 0- 1- 49/ 500.0%0.0%2.0%010
平地・マクリ 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%355135

逃げた馬が3勝と、小回りコースのため前に行ける脚質があきらかに有利。昨年は行った行ったの結果で1~3着が前につけた馬だった。

ただし、過去3回逃げ切りがあった次の年は逃げ馬は負けている。おそらく今年の逃げるであろうトーラスジェミニにとってはやや心配なデータ。

狙いは先行馬で複勝率が44%と高い。

逆に追い込み馬は黙って消して良い。

追い込み・・・ドンアルゴス、ミスマンマミーア、ドゥオーモ

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%090
2番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%042
3番 2- 3- 0- 5/1020.0%50.0%50.0%143251
4番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%12698
5番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%6427
6番 3- 1- 0- 6/1030.0%40.0%40.0%227125
7番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
8番 1- 2- 1- 6/1010.0%30.0%40.0%48179
9番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%041
10番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%072
11番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
12番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%9051
13番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%053
14番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%0309
15番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%0127
16番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00

馬番からはあきらかに内有利の傾向が出ている。

逃げきった3頭も8番から内の馬番に入っていたように、狙うなら内目の枠に入った先行馬が良い。

9番より外で勝ったのは17年のルミナスウォリアー1頭のみになっている。

レース検索

前走人気別集計

前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気 1- 0- 1- 14/ 166.3%6.3%12.5%4542
前走2人気 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%11447
前走3人気 0- 2- 1- 11/ 140.0%14.3%21.4%075
前走4人気 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%072
前走5人気 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%048
前走6~9人 6- 5- 4- 42/ 5710.5%19.3%26.3%77134
前走10人~ 1- 2- 2- 37/ 422.4%7.1%11.9%1685

偶然かもしれないが、前走で6~9人気だった馬の好走率が高い。このうちの多くが前走で重賞を走っていた。今年該当するのは、目黒記念で9着だったニシノデイジーのみ。

まとめ

当日の枠順次第のところがあるが、ニシノデイジーは前走が目黒記念(G2)・先行脚質・4歳・56キロの斤量とほとんどの項目をクリアしている。目黒記念18着がどうかだが、過去には天皇賞・春で13着だったタマモベストプレイが2着に入った例もある。目黒記念で9人気だったという強調材料もあり十分狙える。

冒頭でも書いたように二桁人気の馬が2・3着に来ることが多いレースだが、巴賞組は2頭来る年とまったく馬券にならない年があり、昨年・巴賞組が1・2着を占めたので、今年は同レースを使った組がこない年と見たい。その場合、前走が重賞かつ、そこで着差1.0秒以内の馬が多いので、新潟大賞典で3着のプレシャスブルーと、鳴尾記念6着のアドマイヤジャスタが浮上する。

推奨ニシノデイジー
プレシャスブルー、アドマイヤジャスタ

コメント

タイトルとURLをコピーしました