アルテミスステークス GIII 過去8年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
191026 リアアメリア牝2川田将雅 549   07-081
181027 シェーングランツ牝2武豊 543   13-136
171028 ラッキーライラック牝2石橋脩 5413   04-032
161029 リスグラシュー牝2武豊 5416   06-071
151031 デンコウアンジュ牝2田辺裕信 5414   12-1112
141101 ココロノアイ牝2横山典弘 5416   03-039
131102 マーブルカテドラル牝2田辺裕信 545   09-082
121103 コレクターアイテム牝2浜中俊 541   10-111
集計期間:2012.11. 3 ~ 2019.10.26

2012年に新設された2歳牝馬限定の重賞で、14年からG3にG3に昇格した。

過去にはリスグラシューやラッキーライラックなど、牝馬路線だけでなく古馬中距離路線のG1を獲るような一流馬が勝っている。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 2- 0- 3/ 837.5%62.5%62.5%8082
2番人気 2- 2- 1- 3/ 825.0%50.0%62.5%10195
3番人気 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
4番人気 0- 1- 1- 6/ 80.0%12.5%25.0%073
5番人気 0- 1- 3- 4/ 80.0%12.5%50.0%0122
6番人気 1- 1- 1- 5/ 812.5%25.0%37.5%170140
7番人気 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%038
8番人気 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
9番人気 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%19750
10~人気 1- 1- 1- 50/ 531.9%3.8%5.7%15667

1番人気は3勝2着1回だが、着外の馬も3頭いる。凡走した馬はいずれも美浦所属馬で、栗東所属の1番人気馬は【3-1-0-0】とほぼパーフェクトの成績。

2番人気は1番人気とほぼ互角の成績だが、こちらは逆に美浦所属馬が【1-2-0-0】と成績が良い。

10番人気以下で馬券になった馬も3頭いて、15年には12番人気のデンコウアンジュが勝利して単勝は8280円の高配当だった。

昨年は1-2-5人気で決着して3連単の配当は2020円と堅かったが、平均では13万超えと一筋縄ではいかないレースになっている。

1・2人気(netkeiba)・・・ソダシ、ククナ

レース検索

キャリア別集計

キャリア 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1戦 2- 3- 1- 28/ 345.9%14.7%17.6%1636
2戦 5- 3- 4- 38/ 5010.0%16.0%24.0%23482
3戦 1- 1- 0- 21/ 234.3%8.7%8.7%1619
4戦 0- 0- 2- 10/ 120.0%0.0%16.7%060
5戦 0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%0465
6戦 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
7戦 0- 0- 0- 0/ 0     
8戦 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

連対馬の16頭中15頭はキャリア1~3戦に占められている。なかでも中心はキャリア1戦と2戦の馬。G3昇格後はこの2つに占められている。

キャリアが多い馬は不振だが、4・5戦の馬は人気薄で穴を開ける傾向があるので注意が必要。

キャリア1~2戦・・・ソダシ、ククナ、オレンジフィズ、ウインアグライア、クールキャット、他

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
新馬 2- 3- 1- 28/ 345.9%14.7%17.6%1636
未勝利 4- 1- 3- 16/ 2416.7%20.8%33.3%477142
1勝 0- 2- 2- 24/ 280.0%7.1%14.3%070
OPEN非L 1- 1- 1- 16/ 195.3%10.5%15.8%1952
G3 0- 1- 1- 14/ 160.0%6.3%12.5%040
G2 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%13565

前走G3組は未勝利になっている。この中には函館2歳S1着で1番人気に支持されていた13年のクリスマスもいた。

中心は新馬戦と未勝利戦組で、重賞昇格後はこの2つのクラスに占められている。前走が未勝利戦の場合はキャリア2戦であることが必須条件。

新馬・未勝利・・・オレンジフィズ、クールキャット、ククナ、シャドウファックス、ストゥーティ、ニシノリース、ミルウ

レース検索

前走脚質別集計

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3F 1位 6- 4- 2- 32/ 4413.6%22.7%27.3%26991
3F 2位 1- 2- 2- 22/ 273.7%11.1%18.5%1643
3F 3位 1- 1- 1- 10/ 137.7%15.4%23.1%2860
3F ~5位 0- 1- 2- 12/ 150.0%6.7%20.0%0150
3F 6位~ 0- 0- 1- 23/ 240.0%0.0%4.2%07

必須というわけではないが、前走で上がり1位を記録した馬の成績が良い。東京コースで、良馬場であれば毎年のようにスローで流れて直線だけのヨーイドンになりやすい。とくに前走が新馬戦や未勝利戦の場合は重要。

前走上がり1位・・・ククナ、ユーバーレーベン、ミルウ、シャドウファックス、クールキャット、他

レース検索

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ノーザンファーム 3- 5- 1-17/2611.5%30.8%34.6%3158
社台ファーム 3- 0- 0-12/1520.0%20.0%20.0%13342
酒井牧場 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1580400
磯野牧場 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%82801620
下河辺牧場 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0150
棚川光男 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%01400
清水牧場 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0180
社台コーポレーション白老ファーム 0- 0- 2- 7/ 90.0%0.0%22.2%052
ビッグレッドファーム 0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%062
川上牧場 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0145

ノーザンファーム生産馬が連対率30%を超えている。昨年は1・2・3着を独占したように、ここで賞金を加算してゆとりのあるローテーションを組むのが同牧場の戦略になっている。仕上がりの早い素質馬が送り込まれてくるので必ず馬券に組み込みたい。

ノーザンファーム生産・・・オレンジフィズ、ククナ、ストゥーティ、ソダシ、ミルウ

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 2- 1- 5/ 80.0%25.0%37.5%0211
平地・先行 2- 1- 4- 18/ 258.0%12.0%28.0%8084
平地・中団 3- 4- 3- 50/ 605.0%11.7%16.7%1436
平地・後方 3- 1- 0- 28/ 329.4%12.5%12.5%30574

2歳戦は脚質が安定してないためあまり参考にならないが、逃げた馬の複勝率は高い。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%3316
2番 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%036
3番 1- 1- 1- 5/ 812.5%25.0%37.5%170103
4番 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%037
5番 1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%4638
6番 0- 1- 1- 6/ 80.0%12.5%25.0%0206
7番 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
8番 0- 2- 1- 4/ 70.0%28.6%42.9%084
9番 1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%1682
10番 0- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%065
11番 0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%038
12番 0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%020
13番 1- 0- 1- 5/ 714.3%14.3%28.6%6271
14番 1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%1182231
15番 0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%017
16番 2- 0- 0- 2/ 450.0%50.0%50.0%455130
17番 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
18番 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

東京1600メートルのコースなのでまんべんなく勝ち馬が出ている。馬番については気にする必要はないだろう。

まとめ

1番人気が予想されるソダシだが、前走が勝利例のないG3で上がりも2位と危険な臭いが漂う。データ通り新馬・未勝利戦、上がり1位の馬から選ぶとすると該当するのは、オレンジフィズ、クールキャット、ククナ、シャドウファックス、ミルウの6頭。この内、ノーザンファーム生産馬は3頭になる。さらにノーザンファーム生産馬にルメール騎手が乗った場合は【0-3-0-0】と、勝ててはいないが連対率100%というデータがあるので、騎乗予定のククナが推奨馬になる。

次点には、目立った減点材料がなく、美浦所属馬に対して栗東所属馬が勝率・連対率ともに上回っているデータからミルウ

穴では残った4頭の中から、前走でルメール騎手で他の騎手に乗り代わりになった馬が【1-1-0-1】というデータがありクールキャットと、キャリア3戦がネックも前走未勝利戦を上がり1位で1着&新馬戦で上がり33.6秒を記録しているモリノカンナチャンを挙げる。

データからは札幌2歳S組は強くは推せないことを追記しておく。

推奨ククナ
減点ありミルウ
クールキャット・モリノカンナチャン

コメント

タイトルとURLをコピーしました