東京スポーツ杯2歳ステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
191116 コントレイル牡2ムーア 556 05-05-051
181117 ニシノデイジー牡2勝浦正樹 552 08-09-098
171118 ワグネリアン牡2福永祐一 553 05-05-041
161119 ブレスジャーニー牡2柴田善臣 556 07-07-072
151123 スマートオーディン牡2武豊 5510 09-09-094
141124 サトノクラウン牡2ムーア 551 09-10-104
131116 イスラボニータ牡2蛯名正義 551 03-03-032
121117 コディーノ牡2横山典弘 551 03-04-041
111119 ディープブリランテ牡2岩田康誠 5513 02-02-021
101120 サダムパテック牡2スミヨン 552 12-09-081
集計期間:2010.11.20 ~ 2019.11.16

数ある2歳重賞の中でも、近年勢いのある出世レース。来年のダービーを見据えて東京コースを経験させておきたい陣営が期待馬を出走させてくる。過去10年の勝ち馬の6頭がG1を勝利した。

昨年の勝ち馬のコントレイルは、その後無敗で三冠を達成した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 5- 1- 1- 3/ 1050.0%60.0%70.0%12891
2番人気 2- 3- 0- 5/ 1020.0%50.0%50.0%8568
3番人気 0- 2- 2- 6/ 100.0%20.0%40.0%054
4番人気 2- 2- 1- 5/ 1020.0%40.0%50.0%151132
5番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%033
6番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%024
7番人気 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%0134
8番人気 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%42684
9番人気 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%070
10~人気 0- 1- 1- 37/ 390.0%2.6%5.1%086

1番人気の勝率は50%・連対率60%と、不確定要素の大きい2歳戦ということを考えると合格点。2番人気は2勝止まりだが連対率は50%を確保している。連対馬の20頭中17頭が4番人気以内に支持されていた。ここが一応のラインになるだろう。

三連単の平均は13万円とやや高めになっている。18年に8番人気のニシノデイジーが1着になって三連単は59万円と荒れたのが大きい。一方で19年は1300円、17年は820円と、荒れるときと堅く収まる時で極端な傾向にある。

4人気以内(netkeiba)・・・ダノンザキッド、ドゥラヴェルデ、ジュンブルースカイ、タイトルホルダー

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
新馬 3- 2- 3- 23/ 319.7%16.1%25.8%4148
未勝利 1- 3- 3- 23/ 303.3%13.3%23.3%15161
1勝 0- 1- 0- 14/ 150.0%6.7%6.7%011
OPEN非L 3- 2- 4- 22/ 319.7%16.1%29.0%4464
OPEN(L) 0- 0- 0- 0/ 0     
G3 3- 1- 0- 11/ 1520.0%26.7%26.7%29073
G2 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

前走新馬戦・OP戦・G3の3つが3勝ずつと拮抗している。勝率と連対率でいえばややG3組が優位。次いで未勝利クラスで、前走1勝クラスを使われいた馬は2着が1回のみと苦戦している。

新馬・OP・G3組・・・タイトルホルダー、ダノンザキッド、ジュンブルースカイ、ドゥラヴェルデ、モリノカンナチャン

1勝クラス・・・ヴェローチェオロ、トーセンジャック、モメントグスタール、レインフロムヘヴン

レース検索

キャリア別集計

キャリア 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1戦 3- 2- 3- 23/ 319.7%16.1%25.8%4148
2戦 4- 8- 4- 23/ 3910.3%30.8%41.0%38114
3戦 3- 0- 1- 28/ 329.4%9.4%12.5%14650
4戦 0- 0- 2- 16/ 180.0%0.0%11.1%0137
5戦 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
6戦 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
7戦 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
8戦 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
9戦 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

連対馬のすべてがキャリア3戦以内だった。とくにキャリア2戦の馬が連対率30%と優秀。キャリア4戦以上では3着に入ったのが2頭いるのみなので消して良いだろう。

キャリア4戦以上・・・ヴェローチェオロ、トーセンジャック、モリノカンナチャン

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 9- 8- 8- 58/ 8310.8%20.5%30.1%81105
前走2着 1- 2- 1- 11/ 156.7%20.0%26.7%4665
前走3着 0- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%047
前走4着 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
前走5着 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00
前走6~9着 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00
前走10着~ 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00

前走1着だった馬が9勝を挙げて圧倒的。前走3着以下で馬券になったのは13@クラリティシチーの1頭のみになっている。前走3着以下の馬は消しで。

前走1着・・・タイトルホルダー、ダノンザキッド、ドゥラヴェルデ、プラチナトレジャー

前走3着以下・・・ヴェローチェオロ、トーセンジャック、モメントグスタール、モリノカンナチャン

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 0- 1- 11/ 120.0%0.0%8.3%020
平地・先行 4- 2- 2- 26/ 3411.8%17.6%23.5%3259
平地・中団 3- 2- 5- 29/ 397.7%12.8%25.6%116135
平地・後方 3- 6- 2- 30/ 417.3%22.0%26.8%4460

逃げ馬が不利で決め脚の鋭い馬の好走率が高い。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
2番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%430107
3番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%1411
4番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%0100
5番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%039
6番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%5758
7番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%012
8番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%048
9番 0- 2- 0- 6/ 80.0%25.0%25.0%040
10番 1- 0- 2- 5/ 812.5%12.5%37.5%87372
11番 0- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%080
12番 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
13番 1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%4025
14番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
15番 0- 3- 0- 2/ 50.0%60.0%60.0%0262
16番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

今年は登録段階で10頭と少頭数なので枠順はそこまで気にする必要はないだろうが、内枠の馬が有利になっている。

まとめ

前走1着なのは4頭。このうち前走が未勝利戦のプラチナトレジャーは脱落。残ったのはダノンザキッド、タイトルホルダー、ドゥラヴェルデの3頭。いずれも上位人気に支持されそうだが、前走が阪神新馬戦だった馬は【2-1-2-2】で連対率42%というデータがあるので、ダノンザキッドが推奨馬になる。

次点候補には前走上がり1位を記録している馬の好走率が高いデータがあるのでドゥラヴェルデを挙げる。

推奨ダノンザキッド
減点ありドゥラヴェルデ

コメント

タイトルとURLをコピーしました