京阪杯 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
191124 ライトオンキュー牡4古川吉洋 56 6   09-082
181125 ダノンスマッシュ牡3北村友一 55 3   04-031
171126 ネロ牡6吉原寛人 58 4   01-019
161127 ネロ牡5バルザロ 57 2   01-012
151129 サトノルパン牡4和田竜二 56 2   04-044
141130 アンバルブライベン牝5田中健 54 7   01-015
131123 アースソニック牡4M.デム 56 3   02-027
121124 ハクサンムーン牡3酒井学 55 1   01-0110
111126 ロードカナロア牡3福永祐一 55 3   04-031
101127 スプリングソング牡5池添謙一 56 5   02-022
集計期間:2010.11.27 ~ 2019.11.24

以前は1800メートルの距離で行われていたが、05年から1200メートルのスプリント重賞になった。9月の終わりに行われるスプリンターズSで負けた馬たちが出走してくるケースが多く、11年には当時3歳だったロードカナロアが勝利してスプリント王への階段を上った。

ここを使われて年末の阪神Cへと向かう馬がいる一方で、例年開催が続いた京都競馬場で行われるため芝コースがかなり荒れていて単純なスピード決着とならないパターンが多い。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 2- 0- 6/ 1020.0%40.0%40.0%5061
2番人気 3- 0- 0- 7/ 1030.0%30.0%30.0%17064
3番人気 0- 3- 0- 7/ 100.0%30.0%30.0%064
4番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%15627
5番人気 1- 0- 3- 6/ 1010.0%10.0%40.0%113143
6番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%069
7番人気 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%15884
8番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%072
9番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%369116
10~人気 1- 3- 6- 71/ 811.2%4.9%12.3%42135

1番人気は2勝、勝ったのはともに3歳馬だった。2番人気は3勝だが2着は0回で、別定戦であることを考えても上位人気の信頼度は低いといえる。4~6人気は2勝2着1回。10番人気以下の複勝回収値が100円を超えているように穴狙いも十分通用する。

14年には5番人気のアンバルブライベンが勝利して、2着に11番人気3着に15番人気の人気薄が入って三連単の配当は200万円と大波乱になった。17年にも167万円の配当と、たびたび10万馬券が炸裂していて、三連単の平均配当は34万円と古馬重賞にしてはかなり高い。

人気馬だからといって過信せずにハナから疑ってかかるぐらいが良いだろう。

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 3- 1- 0- 17/ 2114.3%19.0%19.0%18684
4歳 3- 4- 2- 32/ 417.3%17.1%22.0%9091
5歳 3- 4- 5- 39/ 515.9%13.7%23.5%44146
6歳 1- 0- 3- 32/ 362.8%2.8%11.1%102100
7歳 0- 1- 1- 17/ 190.0%5.3%10.5%074
8歳 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

3~5歳が3勝ずつと勝ち星をわけあっているが、勝率でいえば3歳が14%と他世代と比べて頭一つリードしている。ただし、今年は3歳馬の出走はない。

出走頭数が51頭ともっとも多い5歳馬だが、複勝回収値が140円を超えているように穴をあけているのは5歳馬。10番人気以下で3着に入った10頭中5頭が5歳馬だった。穴を狙うなら5歳が良いだろう。

牝馬は【1-4-4-56】で、人気に支持されても勝ちきれないケースが多い。

5歳・・・プリモシーン、アンヴァル、シヴァージ、ジョーカナチャン、タイセイアベニール、トゥラヴェスーラ、ビリーバー、他

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
京洛SH 2- 1- 2-28/336.1%9.1%15.2%108140
キーンラG3 2- 0- 0- 3/ 540.0%40.0%40.0%17878
スワンSG2 1- 4- 1-27/333.0%15.2%18.2%4771
スプリンG1 1- 0- 1-18/205.0%5.0%10.0%2045
桂川S1600 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%316162
JBCスプG1 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%1845580
福島民友H 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1130440
長岡京S1600 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%740290
オパール 0- 2- 1- 5/ 80.0%25.0%37.5%0235
信越S 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%086
桂川SH・3勝 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0230
ルミエーH 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%01080
セントウG2 0- 0- 2- 4/ 60.0%0.0%33.3%0261

注目すべきは前走スプリンターズS組の不振で、毎年のように人気を裏切っている。勝ったのは16年のネロのみで、同馬は15年と連覇を達成した。

ここ2年は前走でキーンランドSを使われていた馬が勝利している。今年、該当するのはフィアーノロマーノ。

スプリンターズS・・・レッドアンシェル、ラブカンプー

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1000m 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%0180
1200m 8- 5- 10- 94/1176.8%11.1%19.7%96122
1400m 2- 4- 1- 37/ 444.5%13.6%15.9%5260
1600m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
1800m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
2000m 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

前走1200の馬が中心。とくに穴を狙う場合は前走が1200であることが重要。

前走1400の場合はスワンSが条件で、例外は10年のスプリングソングのみ。

前走1200・・・アンヴァル、カレンモエ、ロードアクア、リバティハイツ、タイセイアベニール、レッドアンシェル、他

レース検索

調教師分類別集計

調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 0- 1- 2- 28/ 310.0%3.2%9.7%092
栗東 10- 9- 9-112/1407.1%13.6%20.0%96108

連対馬20頭中19頭が栗東所属馬だった。美浦所属で馬券になった3頭はいずれも前走1200・OPのレースで3着以内に入っていた。そうでなければ割り引いて考えたい。

美浦所属・・・ビリーバー、プリモシーン

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 4- 1- 0- 5/ 1040.0%50.0%50.0%864371
平地・先行 5- 1- 4- 29/ 3912.8%15.4%25.6%112144
平地・中団 1- 6- 6- 58/ 711.4%9.9%18.3%784
平地・後方 0- 2- 1- 47/ 500.0%4.0%6.0%052

京都競馬場が改修工事のため変則開催で悩ましいが、例年であれば逃げ馬の連対率が50%とかなり高い。一応の警戒は必要だろう。

逃げ・・・ジョーカナチャン、ラブカンプー

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%9957
2番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%018
3番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%015
4番 1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%16573
5番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
6番 1- 2- 1- 6/1010.0%30.0%40.0%480221
7番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%5827
8番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%046
9番 1- 2- 0- 7/1010.0%30.0%30.0%6441
10番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%016
11番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%96102
12番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
13番 1- 1- 2- 6/1010.0%20.0%40.0%44109
14番 1- 0- 1- 5/ 714.3%14.3%28.6%4837
15番 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%021
16番 0- 1- 1- 1/ 30.0%33.3%66.7%0630

今年は阪神1200で開催のため、9月のセントウルS(G2・阪神1200芝)のデータを取り上げる。馬番による有利不利はほとんどないが、セントウルSが開幕週に対して、現在の阪神競馬場は4週目で内目の芝が荒れてきているため中程から外目の馬番が良いかもしれない。

まとめ

阪神開催で難しいが、1番人気になりそうなレッドアンシェルは前走が不振のスプリンターズSで危険な香りが漂う。そうでなくても上位人気の信頼度は高くないので疑ってかかるべきだろう。

今年は3歳馬の参戦がないが、1着馬に注目すると前年の勝った世代が次の年も好走する流れ(12年3歳→13年4歳→14年5歳、15年4歳→16年5歳→17年6歳、18年3歳→19年4歳)があり、このパターンだと今年は5歳馬が1着の可能性が高い。

5歳馬は10頭、このうち美浦所属・牝馬が脱落。残ったのはシヴァージタイセイアベニールトゥラヴェスーラで、前走1200のセントウルS組で4着だったタイセイアベニールが推奨馬になる。

穴では逃げ馬の成績が良い点から5歳牝馬のジョーカナチャンをあげる。

推奨タイセイアベニール
減点ありトゥラヴェスーラ・シヴァージ
ジョーカナチャン

コメント

タイトルとURLをコピーしました