大阪杯 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210404レイパパレ牝4川田将雅 55 8 01-01-014
200405ラッキーライラック牝5M.デム 55 5 03-03-052
190331アルアイン牡5北村友一 57 3 03-04-049
180401スワーヴリチャード牡4M.デム 57 15 15-01-011
170402キタサンブラック牡5武豊 57 5 03-03-021
集計期間:2017. 4. 2 ~ 2021. 4. 4

2017年にG1に昇格したばかりで、もっとも歴史の新しいG1レース。

G2時代には名だたる名馬たちが始動戦として大阪杯を勝利した。

92年には、日本ダービー以来だったトウカイテイオーが、持ったままで後続を突き放して7戦7勝とした。

直近にドバイや香港があるためトップホースが分散して、例年レースレベルはそこまで高くない。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 0- 2- 1/ 540.0%40.0%80.0%118102
2番人気 1- 1- 1- 2/ 520.0%40.0%60.0%8292
3番人気 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
4番人気 1- 1- 2- 1/ 520.0%40.0%80.0%244198
5番人気 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
6番人気 0- 2- 0- 3/ 50.0%40.0%40.0%0146
7番人気 0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%056
8番人気 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
9番人気 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%44490
10~人気 0- 0- 0-24/240.0%0.0%0.0%00

1番人気は2勝2着0回。単勝・複勝回収値は100円を超えているので合格点といえば合格点。昨年は重馬場の影響もあり圧倒的1番人気のコントレイルが3着に敗れてしまった。

1番人気で馬券外に沈んだのは19@ブラストワンピースで、阪神内回りコースに対応できなかったのが敗因だった。良馬場であればとりあえず信頼度は高いといえる。

2番人気は1勝2着1回。4番人気が複勝率が80%と活躍していて、単勝・複勝回収値ともに200円になっている。

9番人気で勝利した19@アルアインは人気の盲点になっていた。基本的には1着は1~4人気の馬で、2着には1~7人気の馬から選びたい。

G1昇格後、二桁人気で馬券になった馬はいない。

上位人気(想定)・・・エフフォーリア、ジャックドール、レイパパレ、ヒシイグアス

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 2- 2- 4-15/238.7%17.4%34.8%6867
5歳 3- 2- 1-21/2711.1%18.5%22.2%10658
6歳 0- 1- 0-10/110.0%9.1%9.1%025
7歳 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
8歳 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00

連対馬の10頭中9頭が4・5歳だった。

6歳以上で馬券になったのは17@ステファノスのみ。基本的には4・5歳の争いと見たい。

牝馬は【2-1-0ー2】。4・5歳であれば高確率で馬券になっている。

4・5歳・・・エフフォーリア、ジャックドール、レイパパレ、ステラリア、レッドジェネシス、アリーヴォ、アカイイト、アドマイヤハダル、ウインマリリン、ジェラルディーナ、ポタジェ

牝馬・・・レイパパレ、アカイイト、ウインマリリン、ステラリア

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
金鯱賞G2 2- 1- 1-14/1811.1%16.7%22.2%14264
中山記念G2 1- 1- 1- 5/ 812.5%25.0%37.5%5173
有馬記念G1 1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%4858
チャレンG3 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1220230
京都記念G2 0- 2- 1- 9/120.0%16.7%25.0%060
JCG1 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%036
神戸新聞G2 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0320
マイルチG1 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
小倉大賞HG3 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00
アメリカG2 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
日経新春HG2 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
香港CG1 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

前哨戦である金鯱賞・中山記念から臨戦した馬が主力。有馬記念から2頭が連対しているものの、ブラストワンピースが着外に沈んだ例もあり判断が難しい。

昨年はレイパパレがチャレンジカップ以来から勝利したのは例外で、年明けのG2戦か有馬記念組が主力になっている。

金鯱賞・ジャックドール、レイパパレ、アカイイト、ポタジェ、ショウナンバルディ、ステラリア

中山記念・・・ヒュミドール

有馬記念・・・エフフォーリア

レース検索

前走人気別集計

前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気 2- 2- 2-10/1612.5%25.0%37.5%9879
前走2人気 2- 1- 2-11/1612.5%18.8%31.3%4053
前走3人気 1- 1- 1- 9/128.3%16.7%25.0%18572
前走4人気 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
前走5人気 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0210
前走6~9人 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
前走10人~ 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00

馬券になった15頭中14頭が前走で3人気以内に支持されていた。唯一の例外は21@モズベッロとなっている。

9人気で勝利した19@アルアインは、金鯱賞で3人気に支持されていながら5着に敗れたため人気を落としていた。前走の着順よりも、ある意味で重要といえる。

前走3人気以内・・・エフフォーリア、ジャックドール、アーリヴォ、ウインマリリン、レイパパレ、レッドジェネシス、キングオブコージ

レース検索

前走騎手別集計

前走騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
◆同騎手 4- 3- 4-22/3312.1%21.2%33.3%6758
◆乗替り 1- 2- 1-32/362.8%8.3%11.1%6141

前走から継続騎乗の馬が4勝をあげている。乗り替わりで勝利したのは19@アルアインで、主戦の北村友一騎手が落馬負傷により柴山騎手に乗り替わりを挟んだものだった。実質的には勝ち馬のすべてが継続騎乗だったことになる。

継続騎乗・・・エフフォーリア、ジャックドール、アカイイト、レイパパレ、キングオブコージ、他

レース検索

調教師分類別集計

調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 0- 0- 1-17/180.0%0.0%5.6%07
栗東 5- 5- 4-37/519.8%19.6%27.5%8764

G1昇格後、美浦所属馬で連対した馬はまだいない。昨年もグランアレグリアやサリオスなど、人気馬がこのジンクスの前に散ってきた。

美浦所属・・・エフフォーリア、ウインマリリン、ヒシイグアス、ヒュミドール

1・2着馬のG1実績

1着2着
21なし宝塚記念3着
20阪神JF・エリザベス女王杯秋華賞
19皐月賞菊花賞
18日本ダービー2着マイルCS
17菊花賞・天皇賞(春)・JC天皇賞(秋)2着・QE2着

G1の出走経験すらなかった21@レイパパレは例外で、ほとんどの馬にG1勝ちか中距離G1での馬券実績があった。そうでない馬は割引が必要。

G1馬・・・エフフォーリア、レイパパレ、アカイイト、マカヒキ

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%24474
平地・先行 2- 3- 0- 9/1414.3%35.7%35.7%17584
平地・中団 1- 2- 3-25/313.2%9.7%19.4%1351
平地・後方 0- 0- 0-15/150.0%0.0%0.0%00
平地・マクリ 1- 0- 1- 2/ 425.0%25.0%50.0%8765

阪神2000内回りのコースは、最後の直線が300メートルほどしかないため前目につけてピッタリと折り合う器用さが必要となる。差し・追い込みタイプは展開や馬場などの助けが必要となる。

逃げ・・・ジャックドール

先行・・・エフフォーリア、レイパパレ、ウインマリリン、ショウナンバルディ

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%042
2番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%049
3番 2- 2- 0- 6/1020.0%40.0%40.0%342127
4番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%064
5番 3- 1- 0- 6/1030.0%40.0%40.0%7767
6番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%030
7番 1- 2- 2- 5/1010.0%30.0%50.0%2474
8番 1- 0- 3- 6/1010.0%10.0%40.0%12270
9番 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%4317
10番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
11番 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%10024
12番 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%020
13番 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%046
14番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
15番 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%350150
16番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

G2時代を含めた過去10年の馬番別成績。

15番から勝利したのは18@スワーヴリチャードは途中からまくって動いた。基本的には1~9の内枠が有利。外だとよほど力があるか展開に恵まれないときつい。

内枠・・・スカーフェイス、レッドジェネシス、ヒュミドール、ジャックドール、アカイイト、エフフォーリア、ウインマリリン、ポタジェ、アリーヴォ

まとめ

実績のエフフォーリアを取るか、勢いのジャックドールを取るかだが、データからは栗東所属馬が5勝している点から後者を優位と見たい。

大阪杯の前哨として3月に行われるようなった金鯱賞を1番人気で勝利したスワーヴリチャードは18年の勝ち馬。同馬も初G1が大阪杯だった。

G1・3勝のエフフォーリアは、同じく3歳時に有馬記念を勝利した19@ブラストワンピースと姿がダブる。準パーフェクトの戦績から大崩れはないと思うが、初西下・年明け初戦など不安定要素はなくはない。

昨年の勝ち馬レイパパレは14番枠と外枠に入ってしまった。過去20年で12番より外からは(21頭中)3頭しか連対できていない。1・2番人気が確実の2頭をあげていることもあり、同馬まであげるのはちょっと・・・。

今年はフルゲートで枠順が勝敗を分けそうなことから、内枠に入った友道厩舎のディープインパクト産駒、ポタジェとレッドジェネシスを穴候補にあげたい。同産駒は毎年のように馬券に絡んでおり、中でもG1昇格後で4歳に限ると【1-0-4-2】とレッドジェネシスは格好の狙い目。

推奨ジャックドール
減点ありエフフォーリア
ポタジェ・レッドジェネシス

コメント

タイトルとURLをコピーしました