天皇賞(春) 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210502ワールドプレミア牡5福永祐一 58 1 07-07-043
200503フィエールマン牡5ルメール 58 14 08-07-071
190428フィエールマン牡4ルメール 58 10 05-04-011
180429レインボーライン牡5岩田康誠 58 12 10-11-112
170430キタサンブラック牡5武豊 58 3 02-02-011
160501キタサンブラック牡4武豊 58 1 01-01-012
150503ゴールドシップ牡6横山典弘 58 1 14-03-042
140504フェノーメノ牡5蛯名正義 58 7 08-07-054
130428フェノーメノ牡4蛯名正義 58 6 07-03-022
120429ビートブラック牡5石橋脩 58 1 02-01-0114
集計期間:2012. 4.29 ~ 2021. 5. 2

伝統の長距離GⅠレース。

1939年から一貫して京都芝・3200メートルのコースで行われてきた。

近年は長距離が敬遠されレースの地位が低下しつつあるが、過去には多くの名馬が天皇賞(春)を春の最大目標にしていた。

昨年に引き続き、阪神3200メートルのコースで行われる。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 2- 0- 5/ 1030.0%50.0%50.0%7068
2番人気 4- 0- 2- 4/ 1040.0%40.0%60.0%213138
3番人気 1- 3- 1- 5/ 1010.0%40.0%50.0%52167
4番人気 1- 1- 3- 5/ 1010.0%20.0%50.0%115120
5番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
6番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%0186
7番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%063
8番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%063
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 1- 2- 2- 72/ 771.3%3.9%6.5%207104

1番人気は3勝2着2回で連対率は50%。古馬の長距離GⅠレースであることを考えるとイマイチ。1番人気で勝利したのは、20・19@フィエールマンと17@キタサンブラックで、どちらも菊花賞馬だった。

2番人気は4勝と、勝ち星でいえば1番人気を上回る。以下、3番人気と4番人気が1勝ずつ。

連対馬の20頭中15頭が4番人気以内になっている一方で、12年には14番人気のビートブラックが勝利するなど、二桁人気の馬がたびたび大穴として突っ込んできている。

三連単の平均は23万円で、12年には圧倒的1番人気だったオルフェーヴルが馬券外に沈んで145万円の高配当が飛び出した。

上位人気(想定)・・・ディープボンド、タイトルホルダー、テーオーロイヤル、アイアンバローズ、マカオンドール

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 3- 2- 4- 33/ 427.1%11.9%21.4%3248
5歳 6- 3- 1- 40/ 5012.0%18.0%20.0%373125
6歳 1- 4- 2- 28/ 352.9%14.3%20.0%13103
7歳 0- 0- 3- 17/ 200.0%0.0%15.0%0139
8歳 0- 1- 0- 12/ 130.0%7.7%7.7%0106

5歳が6勝と他世代を圧倒。連対率も18%と高い。

4歳で勝利したのは、19@フィエールマン、16@キタサンブラック、13@フェノーメノの3頭で、1・2人気に支持されていた。フィエールマンとキタサンブラックは菊花賞馬で、フェノーメノは菊花賞こそ出走していなかったものの天皇賞(秋)で2着に入っていた。

7歳以上で2着に入ったのは16@カレンミロティックのみで、苦戦の傾向がある。

牝馬は【0-0-1-8】。21@カレンブーケドールが3着に入った。基本的には消しでいい。

5歳・・・ディープボンド、アイアンバローズ、ヴァルコス、ヒートオンビート、ロバートソンキー

7歳以上・・・クレッシェンドラヴ、マイネルファンロン、ユーキャンスマイル

牝馬・・・メロディーレーン

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
阪神大賞G2 3- 3- 4-48/585.2%10.3%17.2%293121
日経賞G2 3- 2- 4-42/515.9%9.8%17.6%4480
産経大阪G2 1- 1- 0- 5/ 714.3%28.6%28.6%6481
大阪杯G1 1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%5562
有馬記念G1 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%200130
アメリカG2 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%280150
京都記念G2 0- 1- 1- 4/ 60.0%16.7%33.3%0213
ダイヤモHG3 0- 1- 0-14/150.0%6.7%6.7%042
日経新春HG2 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0320
DWCG1 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0770
大阪―ハH 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00

過去10年で連対馬の多くは年明けのGⅠかGⅡを使われていた。例外は有馬記念から直行してきた20@フィエールマンのみ。

阪神大賞典・1着馬は【2-1-2-4】と約半数が馬券になっている。

日経賞の場合は1・2番人気だった馬が【3-1-3-8】となっている。

大阪杯から勝利したのは16・17@キタサンブラックのみとなっている。

阪神大賞典 1着・・・ディープボンド

日経賞 1・2人気・・・タイトルホルダー、ヒートオンビート

レース検索

種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ステイゴールド 4- 1- 1-11/1723.5%29.4%35.3%166148
ディープインパクト 3- 2- 2-19/2611.5%19.2%26.9%3866
ブラックタイド 2- 0- 0- 0/ 2100.0%100.0%100.0%335140
ミスキャスト 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%159603720
ハーツクライ 0- 5- 3-16/240.0%20.8%33.3%0155
ジャングルポケット 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%0100
キズナ 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0150
ディープスカイ 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%080
マーベラスサンデー 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0735
Cadeaux Genereux 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0770
トーセンホマレボシ 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0290
キングカメハメハ 0- 0- 0-15/150.0%0.0%0.0%00

ステイゴールド産駒が4勝。20@スティッフェリオが11人気で2着に入っているように人気薄でも侮れない。

現在、ディープインパクト産駒が3連勝中。いずれも菊花賞馬だった。良馬場であれば、最後の直線までスローで流れて瞬発力勝負になって台頭してくる。

ハーツクライ産駒は2着止まりとなっているが、たびたび馬券になっているので一応警戒。

キングカメハメハ産駒は、宝塚記念と天皇賞(秋)を勝利したラブリーデイですら負けているので割引が妥当。

ステイゴールド産駒・・・クレッシェンドラヴ、マイネルファンロン

ハーツクライ産駒・・・ハーツィストワール

キングカメハメハ産駒・・・ハヤヤッコ、ヒートオンビート、ユーキャンスマイル

レース検索

騎手別集計

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
武豊 2- 1- 1- 4/ 825.0%37.5%50.0%83160
蛯名正義 2- 0- 1- 5/ 825.0%25.0%37.5%221152
ルメール 2- 0- 1- 4/ 728.6%28.6%42.9%6855
福永祐一 1- 1- 1- 5/ 812.5%25.0%37.5%6570
岩田康誠 1- 1- 0- 5/ 714.3%28.6%28.6%8584
横山典弘 1- 0- 1- 4/ 616.7%16.7%33.3%7691
石橋脩 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%79801860
北村友一 0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%0365
戸崎圭太 0- 1- 1- 1/ 30.0%33.3%66.7%0173
和田竜二 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%016
池添謙一 0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%0198
北村宏司 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%0210
ボウマン 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%070
武幸四郎 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0110
田辺裕信 0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%0367
三浦皇成 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%080
モッセ 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0770
川田将雅 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00

長距離戦は仕掛けどころが難しく、短距離レース以上に騎手の腕がモノを言う。

武豊騎手とルメール騎手は、それぞれ2勝ずつと活躍している。

1・2着馬の長距離GⅠ実績

1着2着
21菊花賞1着・有馬記念3着菊花賞4着
20菊花賞1着・天皇賞春1着菊花賞14着
19菊花賞1着菊花賞5着
18菊花賞2着JC1着・天皇賞春2着・有馬記念3着
17菊花賞1着・天皇賞春1着・他天皇賞春3着・JC3着
16菊花賞1着天皇賞春3着・宝塚記念2着
15菊花賞1着・有馬記念1着・他天皇賞春6着
14天皇賞春1着・ダービー2着菊花賞2着・天皇賞春3着・有馬記念2着
13ダービー2着・天皇賞(秋)2着菊花賞3着
12菊花賞3着天皇賞(秋)1着・JC2着・有馬記念5着

過去10年の優勝馬で菊花賞の出走していなかったのは13・14と連覇したフェノーメノのみ。同馬は東京コースがいいという理由で菊花賞をパスして天皇賞(秋)に出走していた。もし出走していれば馬券圏内には入っていた可能性が高い。

単勝万馬券だったビートブラックも菊花賞3着だったのは有名な話。昨年も菊花賞馬のワールドプレミアが勝利したように、菊花賞馬がいるのなら黙って買っておいたほうがいいだろう。

連対馬で菊花賞・天皇賞(春)の両方とも未出走だったのは上記のフェノーメノと、12@トーセンジョーダンの2頭だけ。最低でもどちらかの出走経験は欲しい。

菊花賞馬・・・タイトルホルダー

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 2- 0- 0- 10/ 1216.7%16.7%16.7%1367324
平地・先行 4- 7- 5- 18/ 3411.8%32.4%47.1%48212
平地・中団 3- 3- 5- 66/ 773.9%7.8%14.3%2560
平地・後方 0- 0- 0- 41/ 410.0%0.0%0.0%00
平地・マクリ 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%15386

逃げ馬の単勝回収値が飛び抜けているのは、14番人気で勝利した12@ビートブラック(15960円)の影響。

基本的には先行タイプの馬が有利と見て間違いない。

先行タイプ・・・ディープボンド、ヴァルコス、アイアンバローズ、タガノディアマンテ、シルヴァーソニック、テーオーロイヤル

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 4- 1- 0- 5/1040.0%50.0%50.0%1739496
2番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%061
3番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%22170
4番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
5番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%029
6番 1- 2- 1- 6/1010.0%30.0%40.0%62276
7番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%11563
8番 0- 0- 3- 7/100.0%0.0%30.0%0111
9番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
10番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%2815
11番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%049
12番 1- 2- 0- 7/1010.0%30.0%30.0%6056
13番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%0154
14番 1- 1- 0- 7/ 911.1%22.2%22.2%2284
15番 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%013
16番 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%050
17番 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
18番 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

京都3200メートル時を含む馬番別成績。今年は阪神3200メートルなので厳密には違うが、外回り→内回りと回ってくるコースレイアウトから考えても内枠が有利と考えていいだろう。

内枠・・・アイアンバローズ、ハーツイストワール、ディバインフォース、ユーキャンスマイル、マカオンドール、メロディーレーン、テーオーロイヤル、クレシェンドラヴ

まとめ

当日に1番人気に支持されるのが濃厚なディープボンドだが、過去36年の勝ち馬のデータを調べてみたところ、前年の2着馬が翌年のレースで優勝した例はなかった。18@レインボーフラッグ(12着→1着)や15@ゴールドシップ(7着→1着)のように、前年で大きく負けていた馬が翌年に勝利した例がチラホラあるため大きなマイナスというわけではないが嫌なデータ。

今年は菊花賞馬が出走してくるわけだし、タイトルホルダーを素直に推奨馬にしたい。同馬のマイナスポイントはズバリGⅠ未勝利の横山和騎手だが、逃げ馬はスタートさえ決めてしまえば基本的には馬まかせなので、そこまでマイナスにはならないだろう。

穴は前走京都記念2着で3歳時に菊花賞7着の成績があるタガノディアマンテをあげる。同馬は祖父がステイゴールドのオルフェーヴル産駒であり、先行脚質・6歳と穴データに合致する。

あとは馬番別データの項目でも書いた通り、枠順が重要。もし取り上げた3頭のうち外枠に入るようなら入れ替える必要がある。

推奨タイトルホルダー
減点ありディープボンド
タガノディアマンテ

※4月28日追記:取り上げた3頭がすべて外枠に入ったため変更の必要がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました