アメリカジョッキークラブカップ 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210124アリストテレス牡4ルメール 55 9 06-06-041
200126ブラストワンピース牡5川田将雅 57 11 04-05-031
190120シャケトラ牡6石橋脩 56 8 05-04-037
180121ダンビュライト牡4M.デム 55 7 02-02-022
170122タンタアレグリア牡5蛯名正義 56 8 09-06-037
160124ディサイファ牡7武豊 57 3 07-06-042
150125クリールカイザー牡6田辺裕信 56 12 01-02-014
140126ヴェルデグリーン牡6田辺裕信 57 10 10-10-062
130120ダノンバラード牡5ベリー 56 3 06-04-023
120122ルーラーシップ牡5福永祐一 57 3 08-07-071
集計期間:2012. 1.22 ~ 2021. 1.24

12月から続く中山開催の最終週を飾るレースで、一週前に行われる日経新春杯がハンデ戦であるのに対してAJCCは別定戦のためG1戦線で活躍するような実力馬が参戦してくる。99年の勝ち馬であるスペシャルウィークは、その後、天皇賞(春)・天皇賞(秋)・ジャパンカップを勝利した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 3- 0- 4/ 1030.0%60.0%60.0%6877
2番人気 3- 1- 2- 4/ 1030.0%40.0%60.0%146120
3番人気 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%6085
4番人気 1- 0- 2- 7/ 1010.0%10.0%30.0%13883
5番人気 0- 2- 1- 7/ 100.0%20.0%30.0%085
6番人気 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%064
7番人気 2- 1- 1- 6/ 1020.0%30.0%40.0%532246
8番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%068
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 0- 1- 0- 49/ 500.0%2.0%2.0%018

1番人気は3勝で連対率は60%。実力馬が人気に応えるケースが多く、総じて人気薄の苦戦が目立つ。馬券になった馬の30頭中28頭が7番人気以内で、8番人気以下の馬はバッサリ消してしまってかまわない。7番人気の単勝・複勝回収値がずば抜けているが、それを除けば勝ち馬は1~4人気から出ている。

三連単の平均配当は72,000円台。年によってはかなりタフな馬場になって、軽い馬場を得意とする馬たちが苦戦することがある。近5年連続で1番人気が連対をはたしている。

上位人気(想定)・・・オーソクレース、ポタジェ、キングオブコージ、アサマノイタズラ、ボッケリーニ

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 2- 5- 3- 12/ 229.1%31.8%45.5%2881
5歳 4- 1- 4- 20/ 2913.8%17.2%31.0%8665
6歳 3- 1- 2- 27/ 339.1%12.1%18.2%17586
7歳 1- 2- 0- 21/ 244.2%12.5%12.5%2069
8歳 0- 1- 1- 16/ 180.0%5.6%11.1%053

勝利数は2勝だが、連対率では4歳馬が31%と頭一つリード。5・6歳も負けていない。データからは1着は5~6歳から選ぶと良いといえる。7・8歳でも馬券になっており、高齢馬というだけで軽視は禁物。

牝馬は【0-0-0-7】。頭数は少ないが苦戦の傾向を示している。

4歳・・・オーソクレース、アサマノイタズラ

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
有馬記念G1 3- 0- 0- 9/1225.0%25.0%25.0%38074
金鯱賞G2 2- 0- 2- 3/ 728.6%28.6%57.1%157127
菊花賞G1 1- 3- 0- 4/ 812.5%50.0%50.0%3076
ステイヤG2 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%13847
天皇賞春G1 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1470340
凱旋門G1 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%300150
サンタク1600 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%390140
ディセン 0- 2- 1- 5/ 80.0%25.0%37.5%088
福島記念HG3 0- 2- 0- 2/ 40.0%50.0%50.0%0347
中山金杯HG3 0- 1- 1-15/170.0%5.9%11.8%092
チャレンG3 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%055
天皇賞秋G1 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0145
中日新聞HG3 0- 0- 3- 2/ 50.0%0.0%60.0%0140
JCG1 0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%077

有馬記念組が3勝。次いで12月に行われていた金鯱賞が続く。昨年は菊花賞以来のアリストテレスが勝利した。

有馬記念・・・アサマノイタズラ

菊花賞・・・オーソクレース

レース検索

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ノーザンファーム 5- 6- 3-21/3514.3%31.4%40.0%140116
ダーレー・ジャパン 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%16660
白老ファーム 1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%21048
千代田牧場 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%690235
ケイアイファーム 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%30095
斉藤安行 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%570230
社台ファーム 0- 2- 3-17/220.0%9.1%22.7%059
谷岡牧場 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0900
沖田牧場 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0130
ヤナガワ牧場 0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%062

ノーザンファーム生産馬は現在4連勝中と毎年のように馬券になっている。

ノーザンファーム生産馬・・・オーソクレース、ポタジェ、ダンビュライト、ボッケリーニ、スマイル

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 0- 1- 9/ 119.1%9.1%18.2%125104
平地・先行 7- 6- 2- 22/ 3718.9%35.1%40.5%198134
平地・中団 2- 3- 6- 46/ 573.5%8.8%19.3%1248
平地・後方 0- 0- 0- 33/ 330.0%0.0%0.0%00
平地・マクリ 0- 1- 1- 0/ 20.0%50.0%100.0%0130

中山2200はセントライト記念やオールカマーと同じく、直線の途中からスタートして外回りをぐるっと回ってくる。連続開催の最終週でマクリが決まる年もあるが、基本は先行馬が有利。追い込み馬はほぼ通用していない。

先行馬・・・オーソクレース、ダンビュライト、ポタジェ、スマイル、マイネルファンロン

追い込み・・・アサマノイタズラ、エヒト

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%057
2番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%0111
3番 3- 1- 0- 6/1030.0%40.0%40.0%12460
4番 0- 3- 1- 6/100.0%30.0%40.0%061
5番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%029
6番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
7番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%3945
8番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%532117
9番 1- 0- 3- 6/1010.0%10.0%40.0%24136
10番 1- 2- 1- 6/1010.0%30.0%40.0%5792
11番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%3037
12番 1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%19767
13番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
14番 0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%0252
15番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
16番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
17番 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00

勝ち馬は3~12番から出ているように内枠が有利。13番から外で馬券になったのは15・ミトラのみになっている。

13~14番・・・スマイル、マイネルファンロン

まとめ

オーソクレースは昨年のアリストテレスと同じ4歳・エピファネイア産駒で、菊花賞から臨戦、ノーザンファーム生産馬とケチのつけようがない。ただし、4歳馬は勝ちきれないデータがあるので、2・3着と取りこぼすケースは考えられる。

同コースのセントライト記念勝利馬で有馬記念以来のアサマノイタズラは追い込み脚質なのが気がかり。ましてや重賞未勝利の嶋田騎手に乗り替わりも正直マイナス。それよりは6番枠を引いたポタジェが良さそう。データからはノーザンファーム生産馬のワンツーも十分ありうる。

穴は前走1番人気が【3-2-0-6】のデータがあり、高齢馬も馬券になっていることから8歳馬のクレッシェンドラヴをあげる。

推奨オーソクレース
減点ありポタジェ
クレッシェンドラヴ

コメント

タイトルとURLをコピーしました