小倉2歳ステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
メイケイエール牝2武豊 54 8   05-042
マイネルグリット牡2国分優作 54 10   05-033
ファンタジスト牡2武豊 54 6   03-023
アサクサゲンキ牡2武豊 54 17   03-023
レーヌミノル牝2浜中俊 54 4   02-011
シュウジ牡2岩田康誠 54 3   04-021
オーミアリス牝2国分優作 54 8   13-1215
ホウライアキコ牝2和田竜二 54 3   02-022
マイネルエテルネル牡2和田竜二 54 5   06-072
エピセアローム牝2浜中俊 54 10   07-042
集計期間:2011. 9. 4 ~ 2020. 9. 6

夏の小倉競馬を締めくくる2歳重賞。同時期に行われる新潟2歳Sが1600・札幌2歳Sが1800に対して、こちらは1200メートルの距離で行われる。16年の勝ち馬・レーヌミノルは翌年に桜花賞を制した。他にも03年・メイショウボーラーや06年のアストンマーチャンなど、その後短距離路線で活躍した馬が多い。

昨年は雨の重馬場をメイケイエールが外を通って抜け出して勝利した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 4- 0- 4/ 1020.0%60.0%60.0%5479
2番人気 4- 1- 1- 4/ 1040.0%50.0%60.0%184102
3番人気 3- 0- 1- 6/ 1030.0%30.0%40.0%18486
4番人気 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%052
5番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%051
6番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%089
7番人気 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%0118
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%068
10~人気 1- 2- 1- 53/ 571.8%5.3%7.0%21096

勝ち馬の9頭が1~3人気から出ている。連対率も30~60%なので、上位人気の信頼度は高いと言える。

4~7人気は2着止まり。一方で、10人気以下の穴馬が馬券圏内に突っ込んで大荒れを演出することもある。

牝馬は全体で【5-3-3-55】。単勝回収値は210円と活躍している。

1~3人気(想定)・・・ショウナンマッハ、インプロバイザー、ソリッドグロウ、ナムラクレア、スリーパーダ

牝馬・・・アネゴハダ、エトワールジェンヌ、シュンメキラリ、スリーパーダ、ソリッドグロウ、ナムラクレア、ブレスレスリー

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
新馬 6- 5- 7- 47/ 659.2%16.9%27.7%221134
未勝利 2- 3- 1- 33/ 395.1%12.8%15.4%2750
OPEN非L 2- 2- 1- 35/ 405.0%10.0%12.5%1925
G3 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%070

土曜日にある札幌2歳Sと違い、前走OP組が2勝している。前走が未勝利戦の場合は、そこで1番人気だったことが必須条件となる。前走がひまわり賞(九州産馬限定)の場合は1着が必須。

レース検索

前走人気別集計

前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1人気 7- 7- 6- 33/ 5313.2%26.4%37.7%61100
前走2人気 1- 0- 1- 28/ 303.3%3.3%6.7%1721
前走3人気 1- 2- 1- 23/ 273.7%11.1%14.8%1796
前走4人気 1- 1- 1- 10/ 137.7%15.4%23.1%924241
前走5人気 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%026
前走6~9人 0- 0- 0- 12/ 120.0%0.0%0.0%00
前走10人~ 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

前走で1番人気に推されていた馬の好走率が高い。最低でも前走で4人気以内に支持されていたことが条件となる。

前走5人気以下・・・ブレスレスリー

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 10- 9- 9- 84/1128.9%17.0%25.0%145101
前走2着 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
前走3着 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%050
前走4着 0- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%030
前走5着 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
前走6~9着 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
前走10着~ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

クラスにかかわらず前走1着であることが重要。昨年も1・2着馬は前走で勝利していた。

前走1着以外・・・シュンメキラリ、デュガ

レース検索

馬体重別集計

馬体重 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~399kg 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
400~419kg 0- 1- 2- 11/ 140.0%7.1%21.4%045
420~439kg 0- 2- 0- 26/ 280.0%7.1%7.1%033
440~459kg 3- 3- 2- 29/ 378.1%16.2%21.6%356153
460~479kg 6- 2- 3- 31/ 4214.3%19.0%26.2%6977
480~499kg 1- 2- 2- 12/ 175.9%17.6%29.4%858
500~519kg 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
520~539kg 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%0140

440~500キロの馬体重の好走率が高い。軽量馬は苦戦の傾向がある。

440キロ以下・・・アネゴハダ、スリーパーダ、ソリッドグロウ、ブレスレスリー

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%013
平地・先行 8- 4- 3- 25/ 4020.0%30.0%37.5%9686
平地・中団 2- 4- 5- 49/ 603.3%10.0%18.3%206116
平地・後方 0- 1- 2- 34/ 370.0%2.7%8.1%037

脚質別では先行脚質の好走率が高い。逃げて2着になったのは13・ベルカントで、1番人気に支持されていた。開催終盤に開催されるため逃げ馬は不利といってい。

逃げ(想定)・・・シュンメキラリ、ショウナンマッハ、ソリッドグロウ、ブレスレスリー

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%017
2番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%084
3番 2- 0- 2- 6/1020.0%20.0%40.0%6179
4番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%3958
5番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%3636
6番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%5271
7番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
8番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%1265280
9番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%0200
10番 2- 0- 2- 6/1020.0%20.0%40.0%101115
11番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%014
12番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%014
13番 0- 1- 2- 6/ 90.0%11.1%33.3%0173
14番 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%037
15番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
16番 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%050
17番 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%23386
18番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00

今年は登録段階で10頭と少頭数まで馬番を気にする必要はないだろうが、3~10番のやや内寄りの成績が良い。

まとめ

当日、3人気以内に支持されるのがどの馬になるかわからないが、スリーパーダとソリッドグロウは馬体重が、ナムラクレアは前走2番人気だったのが減点となる。残った2頭だと逃げる可能性のあるショウナンマッハとの比較で、先行タイプのインプロバイザーが推奨馬となる。

穴では、武騎手が【3-3-1-1】と大活躍のデータからデュガをあげる。

推奨インプロバイザー
減点ありショウナンマッハ
デュガ

コメント

タイトルとURLをコピーしました