予想 地方競馬

レディスプレリュード Jpn2

投稿日:

2019年10月3日(木) 20:10発走
大井11R 1800(ダート)

◎マドラスチェック:新人騎手から地方の森泰斗騎手に乗り代わり。3歳馬の成長力に期待。
○ファッショニスタ:前走は後続を4馬身突き放しての勝利。ダーレーの勢い。
▲ラビットラン:M・デムーロが大井に登場。馬場が渋った方が良さそう。
△アンデスクイーン:前走でプリンシアコメータとの力関係が逆転。大井の戸崎騎手。
×プリンシアコメータ:去年の勝ち馬。1キロ減量で前進。
×サラーブ:地方転厩初戦もノーザンファーム生産で一応の警戒が必要。

 こちらはJBCレディースのステップレース。本番でも人気を集めそうな馬が顔を揃えた。

 本命は3歳馬のマドラスチェック。前走は調教師の息子で今年デビューしたばかりの斉藤新騎手が乗って、ファッショニスタから2秒離れた4着に敗れた。今回は地方で2000勝をあげている森泰斗騎手に乗り変わる。前走の着差を逆転するのは楽ではないが、2走前に破ったリワードアンヴァルが中央の2勝クラスを楽勝で突破。さらに3走前に倒したハヤヤッコがレパードSを勝利、ゴルトマイスターが2勝クラスを楽勝と、牡馬の骨っぽい相手を倒しており能力は疑いようがない。人気もないので思い切って狙ってみたい。

 ファッショニスタは 直線早めに先頭に立ってそのまま押し切る形が理想。 川田騎手が凱旋門賞でフランス遠征のため大野騎手に乗り変わる。すでに乗ったことがあるので大きなマイナスとはならない。枠もいいところを引いた。おそらく2~3番手追走で展開も向きそう。

 ラビットランは約8ヶ月ぶりの出走。牝馬限定のダート交流重賞で(3着・1着・2着・3着)と安定している。目標はあくまでもJBCレディース。ここは試走だろう。ただデムーロ騎手が乗りに来るため軽視は禁物。不良馬場で行われた去年のブリーダーズGCでは逃げたプリンシアコメータを楽々と交わしており、天候次第では休養開けでも大駆けの可能性がある。

 アンデスクイーンは春から力をつけて、4走前には負けていたプリンシアコメータを前走でついに逆転。交流重賞を勝利した。今回も引き続き南関東出身の戸崎騎手が騎乗する。1800で3勝をあげており最も得意な距離。

 プリンシアコメータは昨年のこのレースの勝ち馬。その時よりも相手が揃った印象。前走は逃げた馬の思わぬ抵抗に遭い、アンデスクイーンに差し切られた。引き続き岩田騎手が騎乗。この枠だとおそらく今回は逃げるはず。目標にされる不利がありそうなので5番手とした。

 サラーブは地方転厩初戦。元々中央では2勝クラスを突破していた。ノーザンファーム生産で、おそらく天栄経由。血統的にもルーラーシップ産駒で地方のダートも悪くなさそう。要警戒。

 3連単のBOXが正解だと思いますが、それだと点数が多すぎるので、マドラスチェックを1着固定で勝負したいと思います。

-予想, 地方競馬

Copyright© ケイバー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.