セントウルステークス 過去10年

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場通過順人気
190908タワーオブロンドン牡4ルメール577   07-071
180909ファインニードル牡5川田将雅5814   06-061
170910ファインニードル牡4M.デム567   03-031
160911ビッグアーサー牡5福永祐一581   01-011
150913アクティブミノル牡3藤岡康太546   01-0110
140914$リトルゲルダ牝5丸田恭介541   06-044
130908ハクサンムーン牡4酒井学5613   01-012
120909エピセアローム牝3武豊524   05-056
110911エーシンヴァーゴウ牝4田辺裕信559   02-022
100912ダッシャーゴーゴー牡3川田将雅5511   06-044
集計期間:2010. 9.12 ~ 2019. 9. 8

9月の終わりにあるスプリンターズSの有力ステップレース。

昨年のタワーオブロンドンをはじめ、12年・13年ともに2着のロードカナロアや、02年のビリーヴ・98年のマイネルラヴなど、数々のレースがここをステップにスプリンターズSを勝利している。

2000年にスプリンターズSが9月の終わりに移されたのに伴い、セントウルSも9月の初めに移動した。

2006年にG2に昇格。賞金も増額された。

さらにサマースプリントシリーズの最終戦のため、夏を使われてきたスプリンターが数多く参戦してくる。

今年は京都競馬場改修の影響で、阪神ではなく中京競馬場で開催される。

人気別集計

人気着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気4- 4- 1- 1/ 1040.0%80.0%90.0%113118
2番人気2- 3- 1- 4/ 1020.0%50.0%60.0%108104
3番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%033
4番人気2- 0- 1- 7/ 1020.0%20.0%30.0%17478
5番人気0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%0121
6番人気1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%16587
7番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%069
8番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%070
10~人気1- 0- 1- 53/ 551.8%1.8%3.6%8749

まず目に付くのは1番人気の連対率80%という高さ。2番人気も連対率50%で、必ず1番人気か2番人気のどちらかは連対している。

3番人気は連対率が0%と不振。

穴では4~7人気までが狙い目で、8人気以下だと連対した馬はわずかに1頭だけになる。

10番人気以下で勝ったのは15年のアクティブミノルで、この年はG3を1勝しただけのウリウリが1番人気になるなど手薄なメンバー構成だった。

データからは1番人気の馬を軸に4~7人気辺りを相手に狙うのが良い。

年齢別集計

年齢着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳3- 2- 1- 14/ 2015.0%25.0%30.0%370121
4歳4- 2- 1- 17/ 2416.7%25.0%29.2%6948
5歳3- 4- 2- 27/ 368.3%19.4%25.0%3680
6歳0- 0- 5- 34/ 390.0%0.0%12.8%052
7歳0- 2- 1- 18/ 210.0%9.5%14.3%047
8歳0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

3歳馬・4歳馬ともに連対率が25%と活躍している。5歳は勝率が8%とやや落ちる。

単勝回収値では3歳馬が370円と抜けている。10番人気で勝利したアクティブミノルをはじめ、エピセアローム(6人気)、ダッシャーゴーゴー(4人気)など、中位人気の馬が好走している。

6歳以上で連対したのは17年のラインミーティアと10年のグリーンバーディーで、後者は香港の馬だった。今年は外国馬の参戦はないので7歳以上の馬は消しでいいだろう。6歳は3着までになっている。

牝馬は全体で【3-2-6-40】で、単勝回収値は60円の複勝回収値は92円となっている。勝った3頭はいずれも北九州記念を使われていた。

3歳・・・ビアンフェ

7歳以上・・・キングハート、セイウンコウセイ、トウショウピスト

前走レース名別集計

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
北九州記HG35- 2- 5-48/608.3%11.7%20.0%7263
アイビスG31- 2- 0- 6/ 911.1%33.3%33.3%4883
高松宮記G11- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%33.3%3540
キーンラG31- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%5426
ニュージG21- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%48001010
CSPG11- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%340150
CBC賞HG30- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%029
函館スプG30- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%070
安田記念G10- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%050
クリスG10- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0130

連対馬の全頭が前走で海外を含む重賞レースを使われていた。スプリンターズSの前哨戦ともいうべきステップレースなので、これは必須条件としたい。前走がOP特別や条件戦の馬で馬券になったのは、12年のアンシェルブルーのみとなっている。

北九州記念が5頭の勝ち馬を出しているのに加えて、14年から6年連続で1頭は3着以内に入っている。

次いでアイビスサマーD組で、その次に高松宮記念を使われていた組になる。

前走・北九州記念・・・クライムメジャー、トゥラヴェスーラ、タイセイアベニール、メイショウキョウジ、ラブカンプー

馬体重別集計

馬体重着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
400~419kg0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
420~439kg0- 1- 2- 6/ 90.0%11.1%33.3%098
440~459kg0- 0- 0- 16/ 160.0%0.0%0.0%00
460~479kg5- 3- 2- 31/ 4112.2%19.5%24.4%188111
480~499kg2- 4- 4- 33/ 434.7%14.0%23.3%2856
500~519kg2- 2- 1- 19/ 248.3%16.7%20.8%5157
520~539kg1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%2122
540~0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

短距離レースだけに馬体の大きな馬が有利かと思いきや、460~479キロの中型馬の成績がもっとも良い。

460~479キロ(前走時)・・・ダノンスマッシュ、トゥラヴェスーラ、メイショウグロッケ

脚質上り別集計

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%545141
平地・先行4- 5- 3- 26/ 3810.5%23.7%31.6%7076
平地・中団3- 2- 6- 39/ 506.0%10.0%22.0%4588
平地・後方0- 2- 1- 44/ 470.0%4.3%6.4%016

今年は中京競馬場で開催されるが、開幕週の馬場というのは例年と変わらない。

逃げ馬の単勝・複勝回収値がずば抜けて高いが、これは10番人気で逃げきったアクティブミノルの影響が強い。それ以外の3頭はいずれも1・2番人気に推されていた。今年も逃げ馬には警戒が必要だろう。

それ以外だと、先行脚質が連対率23%と安定している。

馬番別集計

馬番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1番2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%9957
2番0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%018
3番0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%015
4番1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%16573
5番0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
6番1- 2- 1- 6/1010.0%30.0%40.0%480221
7番2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%5827
8番0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%046
9番1- 2- 0- 7/1010.0%30.0%30.0%6441
10番0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%016
11番1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%96102
12番0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
13番1- 1- 2- 6/1010.0%20.0%40.0%44109
14番1- 0- 1- 5/ 714.3%14.3%28.6%4837
15番0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%021
16番0- 1- 1- 1/ 30.0%33.3%66.7%0630

今年は中京競馬場のため馬番のデータはあまり役に立たないだろうが、馬番による有利不利はそれほどない。

まとめ

netkeibaの事前オッズによるとダノンスマッシュが1番人気になっている。前走・安田記念組はやや弱いものの、人気のデータの項目でも書いたように1番人気の信頼度はかなり高いのと5歳・先行脚質・馬体重データと加点がある。これが推奨でいいだろう。

3歳馬のビアンフェは前走の葵S(一応重賞)が引っかかるだけなので、これが2番手。

穴では前走・北九州記念組が毎年1頭は馬券になっているデータから、前走1秒以内、2番人気のタイセイアベニールをあげる。

推奨ダノンスマッシュ
減点ありビアンフェ
タイセイアベニール

コメント

タイトルとURLをコピーしました