ダイヤモンドステークス 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210220グロンディオーズ牡6三浦皇成 54 10 06-07-077
200222ミライヘノツバサ牡7木幡巧也 54 16 10-10-1016
190216ユーキャンスマイル牡4岩田康誠 54 10 07-08-091
180217フェイムゲームセ8ルメール58.514 09-09-081
170218アルバート牡6ムーア 58 12 11-11-121
160220トゥインクル牡5勝浦正樹 54 10 09-03-014
150221フェイムゲーム牡5北村宏司 58 16 11-11-101
140222フェイムゲーム牡4北村宏司 55 1 11-07-021
130216アドマイヤラクティ牡5内田博幸 56 15 08-07-061
120218ケイアイドウソジン牡6吉田豊 55 5 01-01-0115
集計期間:2012. 2.18 ~ 2021. 2.20

東京競馬場で開催される異色の長距離戦。当レースを超える距離の平地競争は12月のステイヤーズS(3600メートル)のみ。ハンデ戦で、重賞では少し力が足りないがスタミナだけは自信があるという馬たちが、ここを目標に参戦してくる。

過去をさかのぼっても、勝ち馬から天皇賞(春)はおろかG1馬が出た例はない。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 6- 2- 0- 2/ 1060.0%80.0%80.0%174115
2番人気 0- 2- 4- 4/ 100.0%20.0%60.0%0110
3番人気 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%067
4番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%6848
5番人気 0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%20.0%047
6番人気 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%092
7番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%17233
8番人気 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%0140
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 2- 0- 0- 54/ 563.6%3.6%3.6%920142

1番人気が6勝2着2回と安定している。単勝回収値が175円なので毎年1番人気を頭に買っておけば大丈夫な計算になる。

2番人気は0勝だが複勝率は60%・複勝回収値も100円を超えている。

ハンデ戦だが連対馬の20頭中18頭が8番人気以内で、上位~中位人気の馬で決まるケースが多いが、時としてとんでもない人気薄が爆走する。

20年には16番人気(単勝325倍)のミライヘノツバサが勝利して三連単で355万円の大波乱となった。そのため三連単の平均は47万円と、数ある重賞レースの中でもかなり高い。

※過去5年・全重賞レースの三連単平均は18万円前後

上位人気(想定)・・・ヴェローチェオロ、レクセランス、トーセンカンビーナ、テーオーロイヤル、メロディーレーン

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 2- 3- 4- 10/ 1910.5%26.3%47.4%2491
5歳 3- 2- 0- 25/ 3010.0%16.7%16.7%4949
6歳 3- 1- 4- 27/ 358.6%11.4%22.9%598142
7歳 1- 1- 1- 24/ 273.7%7.4%11.1%1205185
8歳 1- 2- 1- 17/ 214.8%14.3%19.0%1250

4歳馬は2勝止まりだが複勝率は47%と高い。

基本的には4~6歳の争いだが、6・7歳の単勝回収値が飛び抜けているように穴で狙うなら6~8歳になっている。

牝馬は【0-0-1-6】。昨年はポンテザールが3着に入った。

4歳・・・ヴェローチェオロ、カレンルシェルブル

レース検索

斤量別集計

斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~49kg 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
49.5~51kg 0- 2- 1- 11/ 140.0%14.3%21.4%0100
51.5~53kg 0- 1- 0- 18/ 190.0%5.3%5.3%012
53.5~55kg 6- 2- 8- 49/ 659.2%12.3%24.6%837167
55.5~57kg 1- 3- 1- 25/ 303.3%13.3%16.7%1435
57.5~59kg 3- 2- 0- 5/ 1030.0%50.0%50.0%8591

勝ち馬は54キロ以上の斤量を背負っていた。

ハンデ戦といえど軽すぎる馬は割引が必要。

53キロ以下・・・メロディーレーン、アドマイヤアルバ、カレンルシェルブル、セントレオナード

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
アメリカG2 3- 0- 0- 8/1127.3%27.3%27.3%9943
万葉SH 2- 2- 2-27/336.1%12.1%18.2%2538
ステイヤG2 1- 2- 2-16/214.8%14.3%23.8%1252
有馬記念G1 1- 1- 0- 1/ 333.3%66.7%66.7%7083
中日新聞HG3 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%860165
白富士S(L) 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%325504680
師走SH 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%190003290
早春S1600 0- 1- 1- 1/ 30.0%33.3%66.7%0183
白富士S 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%026
箱根特H1000 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%0226
メルCG1 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0125
香ヴァG1 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0250
日経新春HG2 0- 0- 3- 6/ 90.0%0.0%33.3%065
松籟SH1600 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%0103
迎春S・3勝 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0105

AJCC組が3勝をあげている。

注意しなければいけないのが前走・万葉SとステイヤーズS組で、毎年のように多くの馬が出走しているわりに馬券になった馬は少ない。

AJCC・・・アンティシペイト

レース検索

種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ハーツクライ 4- 2- 2- 8/1625.0%37.5%50.0%8583
キングカメハメハ 2- 1- 0-10/1315.4%23.1%23.1%1474288
ステイゴールド 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%8528
ルーラーシップ 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%43082
ドリームジャーニー 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%325504680
アドマイヤドン 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%210110
ディープインパクト 0- 2- 3-16/210.0%9.5%23.8%060
タニノギムレット 0- 2- 0- 2/ 40.0%50.0%50.0%0230
オルフェーヴル 0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%087
ジャングルポケット 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%041
スウェプトオーヴァーボード 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%0115

長距離戦ということで種牡馬成績を載せる。

ハーツクライ産駒で馬券になった8頭はすべて当日に1・2人気に支持されていた。

意外なのは短距離向きと思われるキングカメハメハ産駒が2勝しているのと、スタミナタイプのステイゴールド産駒が1勝しかできていないこと。

ディープインパクト産駒で勝利した馬はまだいない。

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 1- 0- 9/ 119.1%18.2%18.2%1727360
平地・先行 1- 3- 4- 30/ 382.6%10.5%21.1%1746
平地・中団 5- 5- 5- 40/ 559.1%18.2%27.3%642140
平地・後方 2- 1- 1- 36/ 405.0%7.5%10.0%921
平地・マクリ 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%14575

逃げ馬の単勝回収値が高いのは12年に15人気で1着になったケイアイドウソジンの影響。

年によって超スローになったり、まくり合戦になったりと展開の読みづらいレースではあるが、ならしてみると差しタイプが馬券の軸としての信頼度が高い。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%2959
2番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%021
3番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%048
4番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%059
5番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%1900329
6番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%051
7番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%056
8番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%083
9番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
10番 3- 0- 1- 6/1030.0%30.0%40.0%25782
11番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
12番 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%2613
13番 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%017
14番 1- 1- 0- 6/ 812.5%25.0%25.0%3356
15番 1- 1- 0- 5/ 714.3%28.6%28.6%6148
16番 2- 2- 1- 1/ 633.3%66.7%83.3%5486928

東京3400メートルは向かい上面の真ん中からスタートして1周半するレイアウトで、データからは明らかに外枠有利になっている。

まとめ

当日1番人気に支持されそうなヴェローチェオロだが、前走1着馬が最後に勝利したのは11年のコスモメドウ。前走が中山の3勝クラスのレースというのも微妙に引っかかる。

2番人気になりそうなレクセランスにしても過去に勝利したことのないディープインパクト産駒で推しづらい。

変化球になるが香港ヴァーズ・5着のステイフーリッシュを推奨馬にしたい。同馬のハンデは57.5キロだが58キロを背負っていてもおかしくない実績馬で、58キロを超える重ハンデ馬は【3-2-0-2】と高確率で馬券になっている。最近はハンデキャッパーが実績馬有利になるよう軽い斤量にする傾向があり、0.5キロ恵まれたと考えることができる。

穴はAJCCから臨戦のアンティシペイトと、キングカメハメハ産駒で万葉S・7着だったカウディーリョをあげる。

推奨馬ステイフーリッシュ
減点ありヴェローチェオロ
アンティシペイト・カウディーリョ

コメント

タイトルとURLをコピーしました