フィリーズレビュー 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210314シゲルピンクルビー牝3和田竜二 54 5   06-078
200315エーポス牝3岩田康誠 54 5   10-105
190310ノーワン牝3坂井瑠星 54 1   10-1012
190310プールヴィル牝3秋山真一 54 6   07-063
180311リバティハイツ牝3北村友一 54 10   06-078
170312カラクレナイ牝3M.デム 54 16   17-142
160313ソルヴェイグ牝3川田将雅 54 2   03-038
150315クイーンズリング牝3M.デム 54 17   14-131
140316ベルカント牝3武豊 54 1   04-042
130310メイショウマンボ牝3川田将雅 54 4   11-113
120311アイムユアーズ牝3ピンナ 54 4   03-031
集計期間:2012. 3.11 ~ 2021. 3.14

過去には4歳牝馬特別の名で行われていたが、2000年に馬齢がそれまでの数え年から満年齢に変更されたのにともない現在の名称に変更された。

同じ桜花賞トライアルで前週に行われるチューリップ賞が本番と同じ1600メートルで行われるのに対して、こちらは1400メートルと距離が短いため、どちらかというとスプリンターよりの馬が多く参戦してくる。

名称変更以降に限ると、17・レーヌミノル、08・レジネッタ、05・ラインクラフトの3頭がここをステップに桜花賞馬に輝いている。

※19年は1着同着

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 2- 2- 0- 6/ 1020.0%40.0%40.0%7160
2番人気 2- 3- 2- 3/ 1020.0%50.0%70.0%94131
3番人気 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%7943
4番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%038
5番人気 1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%13880
6番人気 0- 0- 3- 7/ 100.0%0.0%30.0%0106
7番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%071
8番人気 3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%634169
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 1- 1- 3- 79/ 841.2%2.4%6.0%24104

1番人気は2勝2着2回で連対率は40%と低調になっている。

連対率でいうと2勝2着3回の2番人気が50%で上回っている。

8番人気が3勝と活躍しているように、人気はあまりあてにならない。

毎年、多頭数で混戦模様のため三連単の平均配当は25万円と高い。

上位人気(想定)・・・ナムラクレア、ビジュノワール、アネゴハダ、マイシンフォニー、キミワクイーン

レース検索

前走クラス別集計

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
新馬 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
未勝利 1- 0- 0- 12/ 137.7%7.7%7.7%15872
1勝 5- 3- 5- 50/ 637.9%12.7%20.6%9785
OPEN非L 0- 1- 1- 22/ 240.0%4.2%8.3%035
OPEN(L) 2- 0- 0- 6/ 825.0%25.0%25.0%21685
G3 0- 1- 1- 23/ 250.0%4.0%8.0%018
G2 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
G1 3- 4- 3- 19/ 2910.3%24.1%34.5%79256

前走1勝クラスの馬が5勝とトップ。とくに1・2番人気に押されていた馬の好走率が高い。

連対率でいうと前走G1組が24%と高く、二桁着順からの巻き返しも2頭いる。

前走がG3レースの場合は割引が必要。

前走1勝クラス・・・アネゴハダ、テイエムスパーダ

前走G1・・・ナムラクレア、キミワクイーン

前走G3・・・スリーパーダ、ビジュノワール

レース検索

前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1200m 0- 0- 1- 36/ 370.0%0.0%2.7%013
1400m 4- 3- 3- 52/ 626.5%11.3%16.1%9162
1600m 7- 6- 6- 53/ 729.7%18.1%26.4%90157

前走が芝のレースであるのは当然だが、1600メートル組の成績が良い。次いで1400。前走1200の馬は29頭が走って3着にも入れていないので素直に消して良いだろう。

1600・・・ナムラクレア、キミワクイーン、ビジュノワール、サブライムアンセム

1200・・・テイエムスパーダ、ゼロドラゴン、ホワイトターフ

ダート・・・コンクパール、ブッシュガーデン

レース検索

前入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 4- 3- 5- 55/ 676.0%10.4%17.9%4873
前走2着 3- 0- 0- 11/ 1421.4%21.4%21.4%20961
前走3着 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
前走4着 1- 1- 3- 7/ 128.3%16.7%41.7%115165
前走5着 1- 4- 0- 9/ 147.1%35.7%35.7%194100
前走6~9着 0- 0- 2- 22/ 240.0%0.0%8.3%020
前走10着~ 2- 1- 0- 34/ 375.4%8.1%8.1%52165

前走が阪神JFの場合は着順はあまり気にする必要ないが、それ以外のレースであれば1着が理想。

前走1着・・・アネゴハダ、コンクパール、サブライムアンセム、テイエムスパーダ、マイシンフォニー、モチベーション

レース検索

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
社台ファーム 4- 1- 1- 9/1526.7%33.3%40.0%22198
ノーザンファーム 1- 1- 2-25/293.4%6.9%13.8%1261
フジワラフアーム 1- 1- 0- 1/ 333.3%66.7%66.7%460183
白老ファーム 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%544166
飛野牧場 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%686313
高昭牧場 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%22095
土居忠吉 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%560260
天羽牧場 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%1390340
岡田牧場 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%056
ノースヒルズ 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%090

社台ファームが4勝と成績が良い。

一方、ノーザンファームの成績が悪い。この中にはアウィルアウェイ・サンブルエミューズなど1番人気に押されながら馬券圏内に入れなかった馬もいた。

社台ファーム・・・ウィリン、サウンドクレア

ノーザンファーム・・・サブライムアンセム、スリーパーダ、ビジュノワール、マイシンフォニー

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%0660
平地・先行 3- 3- 4- 28/ 387.9%15.8%26.3%9591
平地・中団 5- 4- 1- 61/ 717.0%12.7%14.1%10451
平地・後方 3- 1- 3- 47/ 545.6%7.4%13.0%2137

毎年多頭数で先行争いが激しくなりやすく、逃げて勝った馬はいない。

先行・差しは、ほぼ互角で、追い込みは実力馬でないと厳しい。

キャリアの浅い3歳牝馬戦だけに、展開よりもいかに道中でスムーズに走れるかが重要になる。

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%262158
2番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%27283
3番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
4番 2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%7935
5番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%277120
6番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%35116
7番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%035
8番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%020
9番 0- 2- 1- 7/100.0%20.0%30.0%068
10番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%22363
11番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
12番 0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%0552
13番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%0118
14番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%042
15番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%044
16番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%38104
17番 1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%5127
18番 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00

阪神1400メートルは内枠先行有利が定説だが、データからもその通りになっている。

外枠から勝利した2頭は1・2番人気に支持されていた。

内枠・・・アドヴァイス、ナムラクレア、マイシンフォニー、サブライムアンセム、ラブリネスオーバー、アネゴハダ、コンクパール、テイエムスパーダ、ブッシュガーデン、キミワクイーン

まとめ

1番人気になりそうなナムラクレアだが、阪神JF組がイマイチなだけに全幅の信頼は置きづらい。むしろ人気がないという点でキミワクイーンのほうに妙味を感じる。

前走1勝クラス・1400メートルを1番人気で勝利したアネゴハダは、キャリア6戦というのが微妙に引っかかるが、それ以外は減点材料がない。阪神JFでナムラクレアとは0.2差だったことを考えると、流れひとつで逆転まであるかもしれない。

穴は、前走・1600メートル戦を上がり1位だった馬は【3-1-0-1】のデータがあり、直線で大きな不利を受けていたサブライムアンセムをあげる。

推奨アネゴハダ
減点ありキミワクイーン・ナムラクレア
サブライムアンセム

コメント

タイトルとURLをコピーしました