中山金杯 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210105ヒシイグアス牡5松山弘平 54 9 08-05-061
200105トリオンフセ6M.デム 58 7 02-02-022
190105ウインブライト牡5松岡正海 58 11 08-09-073
180106セダブリランテス牡4戸崎圭太 55 6 02-03-031
170105ツクバアズマオー牡6吉田豊56.53 11-08-071
160105ヤマカツエース牡4池添謙一 56 5 05-04-023
150104ラブリーデイ牡5ベリー 57 2 05-06-044
140105オーシャンブルー牡6ベリー57.53 09-10-085
130105タッチミーノット牡7横山典弘 57 6 06-06-052
120105フェデラリスト牡5蛯名正義 55 12 09-06-042
集計期間:2012. 1. 5 ~ 2021. 1. 5

中央競馬の開幕を告げる伝統の重賞レース。1月5日に中山競馬場で開催されて、同日の京都金杯とセットになっている。

86年の勝ち馬・クシロキングは天皇賞(春)を、15年の勝ち馬・ラブリーデイは宝塚記念と天皇賞(秋)を制した。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 1- 3- 3/ 1030.0%40.0%70.0%84103
2番人気 3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%40.0%14475
3番人気 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%13348
4番人気 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%6190
5番人気 1- 2- 2- 5/ 1010.0%30.0%50.0%95138
6番人気 0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%20.0%055
7番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%034
8番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%036
9番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%065
10~人気 0- 0- 3- 65/ 680.0%0.0%4.4%029

1番人気と2番人気は、ともに勝率30%・連対率40%になっている。毎年のように荒れる京都金杯に比べて人気馬の信頼度は高いといえる。勝ち馬の10頭は5人気以内で、2着まで広げても8番人気以内から出ており、大波乱というよりは小波乱の傾向が強い。三連単の平均配当は5万円台で、京都金杯の約1/4になっている。

上位人気(想定)・・・ヒートオンビート、トーセンスーリヤ、ヴィクティファルス、ウインイクシード、ロザムール

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 2- 3- 2- 18/ 258.0%20.0%28.0%2976
5歳 4- 4- 2- 21/ 3112.9%25.8%32.3%7573
6歳 3- 3- 3- 30/ 397.7%15.4%23.1%4276
7歳 1- 0- 3- 32/ 362.8%2.8%11.1%1233
8歳 0- 0- 0- 19/ 190.0%0.0%0.0%00

4~6歳で9勝、連対率で若干の差はあるがほぼ互角といっていいだろう。7歳以上で勝ったのは13年のタッチミーノットで、勝率・複勝率ともにガクンと落ちる。

牝馬は全体で【0-0-0-8】で馬券になった馬はいない。

7歳以上・・・トーセンスーリヤ、アドマイヤアルバ、アールスター、ウインイクシード、オウケンムーン、サトノクロニクル、ブレステイキング、レッドガラン

牝馬・・・シャムロックヒル、ロザムール

レース検索

斤量別集計

斤量 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
~49kg 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
49.5~51kg 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
51.5~53kg 0- 1- 1- 17/ 190.0%5.3%10.5%050
53.5~55kg 3- 3- 3- 47/ 565.4%10.7%16.1%2040
55.5~57kg 4- 4- 4- 55/ 676.0%11.9%17.9%2751
57.5~59kg 3- 2- 2- 5/ 1225.0%41.7%58.3%185147

軽ハンデの馬を狙いたくなるが、57.5キロ以上の重いハンデを背負わされた馬の好走率が高い。53キロ以下で馬券になったのは2頭のみなのでバッサリ切ってしまったかまわないだろう。

57.5キロ以上・・・トーセンスーリヤ

53キロ以下・・・アドマイヤアルバ、シャムロックヒル、ロザムール

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
金鯱賞G2 2- 1- 0- 6/ 922.2%33.3%33.3%17377
ディセン 1- 2- 1-18/224.5%13.6%18.2%1240
チャレンG3 1- 1- 1- 8/119.1%18.2%27.3%39124
福島記念HG3 1- 1- 1-16/195.3%10.5%15.8%2525
マイルチG1 1- 1- 0- 0/ 250.0%100.0%100.0%420245
アルゼンHG2 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%8343
毎日王冠G2 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%22080
東京ウェ1600 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%570220
ウェルH・3勝 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%310160
朝日チャHG3 0- 2- 0- 4/ 60.0%33.3%33.3%091
ディセン(L) 0- 1- 1- 5/ 70.0%14.3%28.6%0128
フルーツ・3勝 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0310
チャレンHG3 0- 0- 2- 3/ 50.0%0.0%40.0%072
中日新聞HG3 0- 0- 1-14/150.0%0.0%6.7%023
天皇賞秋G1 0- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%022

いまは春に移動した金鯱賞だが、以前は12月の中京競馬場で施行されていた。11・12月に1800~2000メートルのレースを走っていた馬が多い。問題は前走天皇賞・秋を使われていた馬で、13年に3着になったジャスタウェイ以外馬券になっていない。トーセンスーリヤにとっては嫌なデータ。

なお、ここには掲載されていないが前走・菊花賞から臨戦してきた馬も【0-0-0-7】と全滅している。この中には21・ディープボンドなど、実績を買われて人気になっていた馬も多くいた。

天皇賞(秋)・・・トーセンスーリヤ

菊花賞・・・ヴィクティファルス

阪神チャレンジC・・・ヒートオンビート、スカーフェイス

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%082
平地・先行 5- 6- 2- 22/ 3514.3%31.4%37.1%6792
平地・中団 5- 2- 6- 52/ 657.7%10.8%20.0%4359
平地・後方 0- 0- 1- 44/ 450.0%0.0%2.2%03
平地・マクリ 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%0113

先行馬の連対率が31%と高い。差し馬の成績も悪くはないが連対率は10%なので、軸馬は先行馬の中から選ぶべきだろう。追い込みは不発に終わるケースがほとんど。

先行・・・ウインイクシード、アトミックフォース、コスモカレンドゥラ、シャムロックヒル、トーセンスーリヤ、他

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 1- 3- 6/100.0%10.0%40.0%0187
2番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%6146
3番 2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%12376
4番 0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%053
5番 1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%4938
6番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%6964
7番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%4337
8番 0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%044
9番 1- 0- 1- 7/ 911.1%11.1%22.2%3435
10番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%014
11番 1- 2- 1- 6/1010.0%30.0%40.0%84134
12番 1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%5722
13番 0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
14番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
15番 0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%042
16番 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%076
17番 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

中山2000メートルは最初のカーブまで距離があり枠順の有利不利はないのが定説だが、データでは一桁馬番に勝ち馬が集中している。

枠順・・・発表待ち

まとめ

今年は前走から斤量が増量されている馬が一頭もいない。これは過去10年で1度もないめずらしいこと。

スプリングS勝ちのあるヴィクティファルスは前走が菊花賞というのがマイナス。昨年のディープボンドもそうだったように人気を裏切るパターン。次に57.5キロのトーセンスーリヤは斤量はいいものの臨戦過程と年齢が気になる。ヒートオンビートは前走チャレンジC・2着で年齢・斤量ともに減点材料が見当たらない。これを推奨馬にしたい。外枠に入らなければそこそこ信頼できそう。

次点には同じくチャレンジC組からスカーフェイスと、先ほどあげたトーセンスーリヤ。

穴は昨年のレースで逃げて4着だったロザムールをあげる。

推奨ヒートオンビート
減点ありスカーフェイス・トーセンスーリヤ
ローザムール

コメント

タイトルとURLをコピーしました