セントライト記念 GII 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
190916 リオンリオン牡3横山典弘 568 03-03-031
180917 ジェネラーレウーノ牡3田辺裕信 564 02-02-024
170918 ミッキースワロー牡3横山典弘 565 06-06-062
160918 ディーマジェスティ牡3蛯名正義 564 09-09-041
150921 キタサンブラック牡3北村宏司 5613 02-02-016
140921 イスラボニータ牡3蛯名正義 565 06-06-061
130917 ユールシンギング牡3北村宏司 563 09-09-093
120917 フェノーメノ牡3蛯名正義 5612 04-03-011
110918 フェイトフルウォー牡3柴田善臣 5611 06-07-056
100919 クォークスター牡3藤岡佑介 5613 16-16-104
集計期間:2010. 9.19 ~ 2019. 9.16

日本競馬史上初の三冠馬の名を冠したトライアルレース。1955年に現在の名称に変更されて以降歴史は古く、関東所属の有力馬の多くがここをステップに菊花賞を目指す。

1984年にはシンボリルドルフがセントライト記念を経由して無敗での三冠を達成。他にも1986年以降に、レオダーバン、マンハッタンカフェ、キタサンブラックの3頭が菊花賞を制した。

過去30年では、キタサンブラックがセントライト記念と菊花賞を連勝した唯一の馬になっている。

1980年以降は、馬場改修の年を除いて中山・2200(芝)のコースで行われている。

2014年は馬場改修のため新潟競馬場で施工された。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 4- 2- 1- 3/ 1040.0%60.0%70.0%10194
2番人気 1- 2- 1- 6/ 1010.0%30.0%40.0%6159
3番人気 1- 2- 3- 4/ 1010.0%30.0%60.0%62118
4番人気 2- 0- 1- 7/ 1020.0%20.0%30.0%13766
5番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%026
6番人気 2- 0- 2- 6/ 1020.0%20.0%40.0%343151
7番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
8番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%042
9番人気 0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%082
10~人気 0- 1- 2- 66/ 690.0%1.4%4.3%035

1番人気の勝率は40%で連対率は60%とおおむね平均的な数値。

2番人気と3番人気はともに1勝ずつと低調だが、1着馬はすべて6番人気以内から出ている。

2着まで広げても20頭中17頭が6番人気以内になっているように大波乱は起きにくい。馬連だと過去10年で万馬券になったのは1回のみ、1000円以下の配当が4回ある。2014年はイスラボニータとトゥザワールドの人気2頭で決着して250円だった。

3連単で10万円を超えた年は2回で、キタサンブラックが買った年は、2着・3着に人気薄の2頭が来て60万円を超える配当を記録した。

1・2・3人気の上位3頭で決着した年が2回あり、比較的堅いレースといえる。

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
東京優駿G1 7- 5- 4-19/3520.0%34.3%45.7%147124
ラジオNIHG3 1- 1- 2-13/175.9%11.8%23.5%3738
500万下 1- 0- 2-14/175.9%5.9%17.6%3683
いわき特1000 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%610150
阿賀野H1000 0- 2- 0- 2/ 40.0%50.0%50.0%0342
松前特別1000 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%060
信濃川H1000 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%086
青葉賞G2 0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%093
プリンシ(L) 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0125
白百合S 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00

勝ち馬の10頭中7頭が前走で日本ダービーを使われていた。

前走条件戦から勝ったのは13年のユールシンギングと17年のミッキースワローで、両馬は3番人気・2番人気と上位人気に押されていた。それなりの実力がないと通用しない。

素直にダービー組から軸を選ぶのが正しい。

日本ダービー・・・ガロアクリーク、サトノフラッグ、ヴァルコス

前走・日本ダービー組

レース一覧・前走レース名:東京優駿G1

東京優駿G1  入線順位別集計

前入線順位 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
前走1着 0- 0- 0- 0/ 0     
前走2着 2- 0- 0- 1/ 366.7%66.7%66.7%11380
前走3着 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%3527
前走4着 0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%0205
前走5着 0- 2- 0- 1/ 30.0%66.7%66.7%080
前走6~9着 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%023
前走10着~ 4- 3- 2- 8/1723.5%41.2%52.9%275188

今年の出走予定馬で前走日本ダービーを走っていたのは、ガロアクリーク(6着)、サトノフラッグ(11着)、ヴァルコス(14着)の3頭だけ。

半分こじつけになるが、ダービー・6~9着から1着になった馬はいない。

リオンリオン、ジェネラーレウーノ、キタサンブラック、フェイトフルウォーの4頭が、ダービー二桁着順から巻き返した。

この4頭には関東圏での重賞勝ちという共通項があった。該当するのはサトノフラッグとなる。

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%20.0%0105
平地・先行 4- 3- 2- 26/ 3511.4%20.0%25.7%7748
平地・中団 5- 5- 6- 55/ 717.0%14.1%22.5%5974
平地・後方 0- 0- 2- 40/ 420.0%0.0%4.8%015
平地・マクリ 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%140110

中山2200といえばわりと先行有利のイメージがあるが、逃げて勝った馬はいない。

一見すると先行と差しは互角に見えるが、15年の馬場改修後に限ると先行タイプが勝率・連対率ともに差しタイプを圧倒している。(勝率:16%と3%、連対率:27%と10%)

レース一覧・場所:中山

中山のみ  馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%027
2番 0- 3- 4- 2/ 90.0%33.3%77.8%0373
3番 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%6825
4番 2- 1- 0- 6/ 922.2%33.3%33.3%96125
5番 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%6716
6番 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
7番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%012
8番 1- 1- 0- 7/ 911.1%22.2%22.2%5853
9番 0- 0- 2- 7/ 90.0%0.0%22.2%046
10番 0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%015
11番 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%24244
12番 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%2214
13番 2- 0- 0- 6/ 825.0%25.0%25.0%23680
14番 0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%017
15番 0- 2- 1- 5/ 80.0%25.0%37.5%077
16番 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
17番 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
18番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

14年の新潟競馬場を除いた、過去9年の馬番別成績。

2番が連対率77%とずば抜けて高い。他にも4番が連対率33%と1番高いように若干だが内枠が有利のデータになっている。

ただし、10番より外の馬番からも4頭が勝っているように外枠がまったくダメというわけではない。

まとめ

前走日本ダービーで二桁着順かつ弥生賞勝ちのあるサトノフラッグが推奨馬になる。

次点には、比較的堅い決着が多いのと重賞勝ちというデータを重視してガロアクリークでいいだろう。

3連勝で福島のラジオNIKKEI賞を勝ったバビットは逃げ脚質が気になる。同レース1着馬は【0-1-1-1】の好成績だが、3頭とも2人気に押されていた。netkeibaの事前予想だと4人気と微妙なライン。

問題は前走条件戦の馬で、全体だと【2-4-2-74】と通用の確率は低いが、馬券になった馬の5頭が前走・芝コースで上がり1位を記録していた。該当するのはココロノトウダイとリスペクトになる。過去前走2600から馬券になった馬はいない。ココロノトウダイが穴候補となる。

推奨サトノフラッグ
減点ありガロアクリーク
ココロノトウダイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました