産経オールカマー 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名S性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
200927センテリュオ牝5戸崎圭太 54 4 07-07-075
190922スティッフェリオ牡5丸山元気 56 9 01-01-014
180923レイデオロ牡4ルメール 57 7 08-08-081
170924ルージュバック牝5北村宏司 55 6 04-04-035
160925ゴールドアクター牡5吉田隼人 58 6 06-06-041
150927ショウナンパンドラ牝4池添謙一 55 3 10-09-083
140928マイネルラクリマ牡6戸崎圭太 56 11 02-02-022
130922ヴェルデグリーン牡5田辺裕信 56 12 14-13-099
120923ナカヤマナイト牡4柴田善臣 56 13 07-04-022
110925アーネストリー牡6佐藤哲三 59 7 03-03-021
集計期間:2011. 9.25 ~ 2020. 9.27

天皇賞・秋を目指す馬たちのステップレースで、近年は直行組が増えたこともあり、ここをを経由して天皇賞・秋を勝利した馬は18年のレイデオロのみになっている。データがある1980年以降に限ると、毎日王冠が13頭の勝ち馬を輩出しているのに対して、オールカマーは1頭のみと大差をつけられている。同じG2の毎日王冠に比べて、メンバーもやや手薄といえる。

1988年には、オグリキャップがオールカマー→毎日王冠→天皇賞秋→マイルCS→ジャパンカップ→有馬記念と、いまでは考えられないローテーションで走り伝説となった。

14年は馬場改修のため新潟競馬場で施工された。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 3- 2- 1- 4/ 1030.0%50.0%60.0%5479
2番人気 2- 2- 2- 4/ 1020.0%40.0%60.0%103100
3番人気 1- 3- 2- 4/ 1010.0%40.0%60.0%76114
4番人気 1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%20.0%11271
5番人気 2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%20.0%16947
6番人気 0- 1- 3- 6/ 100.0%10.0%40.0%0145
7番人気 0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%079
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%38060
10~人気 0- 0- 1- 43/ 440.0%0.0%2.3%019

勝ち馬が1~5人気で分散している。1番人気の3勝は、天皇賞・秋のステップレースであることを考えると物足りない。ちなみに1番人気に支持されて勝利した3頭(18年レイデオロ・16年ゴールドアクター・11年アーネストリー)はG1馬だった。

ボーダーラインは7番人気で、過去10年で1度も1・2番人気で決着したことがない。10人気以下は3着が1回のみで大穴はかなり望みづらいレースとなっている。

上位人気(想定)・・・レイパパレ、グローリーヴェイズ、ウインマリリン、ランブリングアレー、キングオブコージ、ステイフーリッシュ、ウインキートス

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
4歳 3- 5- 4- 14/ 2611.5%30.8%46.2%48110
5歳 5- 3- 5- 34/ 4710.6%17.0%27.7%14482
6歳 2- 2- 0- 23/ 277.4%14.8%14.8%3127
7歳 0- 0- 1- 18/ 190.0%0.0%5.3%017
8歳 0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00

連対・複勝率では4歳が抜けている。5歳の単勝回収値が100円を超えているように単勝で狙うなら5歳馬といえる。7歳以上の高齢馬は割引が必要。

牝馬は全体で【3-3-0-12】。4歳の牝馬に限れば連対率は57%と高い。

4歳牝馬・・・レイパパレ、ウインマリリン、ウインキートス

7歳以上・・・セダブリランテス、ソッサスブレイ、マウントゴールド

レース検索

前走レース名別集計

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
宝塚記念G1 4- 2- 2- 5/1330.8%46.2%61.5%179110
七夕賞HG3 1- 2- 0- 6/ 911.1%33.3%33.3%8093
天皇賞春G1 1- 1- 0- 5/ 714.3%28.6%28.6%2862
ヴィクトG1 1- 1- 0- 1/ 333.3%66.7%66.7%260243
マーメイHG3 1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%45595
新潟大賞HG3 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%3800600
DSCG1 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%200110
小倉記念HG3 0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%026
安田記念G1 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%085
QE2G1 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%070
京都記念G2 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0150
札幌日経 0- 0- 2- 2/ 40.0%0.0%50.0%0275
目黒記念HG2 0- 0- 2- 4/ 60.0%0.0%33.3%0111
札幌記念G2 0- 0- 1-10/110.0%0.0%9.1%013

宝塚記念組が連対率46%と主力を形成。春のG1レースが並ぶ中、七夕賞など夏場のG3を使われていた組がちょくちょく穴をあけている。

宝塚記念・・・レイパパレ、アドマイヤアルバ

七夕賞・・・ロザムール、マウントゴールド、アールスタ

レース一覧・前走クラス:G1

前走G1  乗り替わり成績

前走騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
◆同騎手 5- 4- 2- 7/1827.8%50.0%61.1%140127
◆乗替り 1- 1- 0- 7/ 911.1%22.2%22.2%8653

前走がG1レースの場合、同じ騎手が継続騎乗している馬の成績が安定している。

G1・同騎手・・・レイパパレ、ウインマリリン

レース検索

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ 1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%11232
平地・先行 5- 5- 4- 22/ 3613.9%27.8%38.9%5981
平地・中団 3- 4- 5- 31/ 437.0%16.3%27.9%11093
平地・後方 1- 1- 1- 40/ 432.3%4.7%7.0%2112
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

逃げて勝ったのは19・スティッフェリオのみ。基本的には、逃げ馬を目標にレースを進められる先行馬が有利のレースになっている。

先行脚質・・・レイパパレ、ステイフーリッシュ、ウインマリリン、セダブリランテス、マウントゴールド、他

レース検索

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 4- 0- 6/100.0%40.0%40.0%086
2番 0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%013
3番 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%7662
4番 1- 2- 1- 6/1010.0%30.0%40.0%9186
5番 0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%0110
6番 2- 1- 1- 6/1020.0%30.0%40.0%98100
7番 2- 0- 1- 7/1020.0%20.0%30.0%3438
8番 0- 2- 1- 7/100.0%20.0%30.0%083
9番 1- 0- 3- 6/1010.0%10.0%40.0%112101
10番 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
11番 1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%10235
12番 1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%54285
13番 1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%6232
14番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
15番 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
16番 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
17番 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
18番 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

1番枠の連対率が40%と高い。14番より外はまったく馬券にからめていない。内枠有利の傾向が出ている。

1番・・・ウインマリリン

14より外・・・アールスター、ロザムール、ステイフーリッシュ

まとめ

高野厩舎はオールカマーをセンテリュオ・ショウナンパンドラで2戦2勝というデータがあり、レイパパレが断然といいたいところだが、56キロという点が15年の宝塚記念1着で2人気に支持されながら5着と敗れたマリアライトと重なる。それなら同じ4歳牝馬で前走、天皇賞・春で5着と踏ん張っていたウインマリリンが1枠1番に入ったのでこちらを推奨馬としたい。中山への輸送がはじめてのレイパパレと違い、中山重賞勝ちがある点も強調材料となる。

穴の出番はほとんどないが、内枠かつ前走G1のヴィクトリアマイルで2着だったランブリングアレーをあげる。香港以来のグローリーヴェイズは、とくに減点材料はないが強調材料もない。

推奨ウインマリリン
減点ありレイパパレ
ランブリングアレー

コメント

タイトルとURLをコピーしました