名古屋大賞典 過去10年

レース検索

歴代優勝馬

日付馬名性齢騎手斤量馬番馬場状態通過順人気
210311 クリンチャー 牡7 川田将雅 58 7 4-3-1 1
200312 ロードゴラッソ 牡5 川田将雅 55 5 6-6-5 4
190314 グリム 牡4 武豊 55 12 稍重 2-2-1 1
180329 サンライズソア 牡4 M.デム 54 5 1-1-1 1
170330 ケイティブレイブ 牡4 福永祐一 58 5 1-1-1 3
160317 アウォーディー 牡6 武豊 55 2 2-2-2 1
150326 メイショウコロンボ 牡6 武幸四郎 55 11 1-1-1 3
140326 ダノンカモン 牡8 川田将雅 54 9 不良 4-3-3 3
130320 ホッコータルマエ 牡4 幸英明 55 5 3-3-2 1
120322 ニホンピロアワーズ 牡5 幸英明 57 5 稍重 2-2-2 1

名古屋競馬場で行われる古馬・別定の地方交流重賞(JpnⅢ)。

JpnⅡの名古屋グランプリが2500メートルに対して、距離が1900メートルでスピードが求められる。

2022年4月に名古屋競馬場は現在の名古屋市から弥富市へ移転するため、今年が現在の競馬場での最後の名古屋大賞典となる。

来年からは新競馬場で2000メートルになる(予定)。

レース検索

人気別集計

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 6- 2- 1- 1/ 1060.0%80.0%90.0%9492
2番人気 0- 4- 3- 3/ 100.0%40.0%70.0%080
3番人気 3- 0- 1- 6/ 1030.0%30.0%40.0%13251
4番人気 1- 4- 2- 2/ 911.1%55.6%77.8%45115
5番人気 0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%016
6番人気 0- 0- 2- 8/ 100.0%0.0%20.0%069
7番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
8番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
9番人気 0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%00
10~人気 0- 0- 0- 23/ 230.0%0.0%0.0%00

1番人気は6勝2着2回で、連対率は80%と信頼度は高い。唯一馬券外に沈んだのは17・モルトベーネ(4着)で地方のダートが初だった。

2番人気は未勝利だが、2着は4回で複勝率は70%となっている。

連対馬はすべて4人気以内で、3着まで広げても6人気となっていて、それ以下の人気薄はバッサリ消してしまってかわまわない。

配当別集計

単勝 枠連枠単馬複馬単三連複三連単
21 130円920円発売なし790円1,110円530円2,400円
20 410円490円発売なし490円1,090円260円1,920円
19 190円190円発売なし170円350円390円1,060円
18 200円220円発売なし290円490円2,090円5,080円
17 450円990円発売なし1,030円2,100円3,410円14,760円
16 140円520円発売なし690円960円580円1,880円
15 480円310円発売なし310円930円200円1,710円
14 390円360円発売なし340円740円680円2,960円
13 120円150円発売なし150円180円680円970円
12 160円340円500円280円520円430円1,350円
平均 267 円449 円500 円454 円847 円925 円3,409 円

単勝の平均配当が低いのは当然だが、枠連・馬連ともに平均で450円と堅い。

三連単の平均配当は3400円で、1万円を超えたのは17年の1回のみ。

馬券はかなり点数をしぼる必要がある。

調教師分類別集計

調教師分類 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
美浦 0- 2- 3- 4/ 90.0%22.2%55.6%066
栗東 10- 8- 6- 12/ 3627.8%50.0%66.7%7487
地方 0- 0- 1- 66/ 670.0%0.0%1.5%05

中央馬が圧倒。中でも栗東所属馬が10勝・2着8回と強い。

地方馬で馬券になったのは17・カツゲキキトキ(6人気)のみ。

年齢別集計(中央馬)

年齢 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4歳 4- 3- 4- 5/ 1625.0%43.8%68.8%6096
5歳 2- 1- 2- 6/ 1118.2%27.3%45.5%5156
6歳 2- 2- 0- 0/ 450.0%100.0%100.0%155132
7歳 1- 3- 1- 2/ 714.3%57.1%71.4%1877
8歳以上 1- 1- 2- 3/ 714.3%28.6%57.1%5575

4歳馬が4勝だが、6歳馬が連対率100%になっている。

7・8歳もダメではないが、勝率は低くなっている。

騎手別集計

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
川田将雅 3- 1- 1- 1/650.0%66.7%83.3%15598
幸英明 2- 0- 0- 1/366.7%66.7%66.7%9366
武豊 2- 0- 0- 1/366.7%66.7%66.7%11066
福永祐一 1- 2- 0- 0/333.3%100.0%100.0%150120
M.デム 1- 1- 0- 1/333.3%66.7%66.7%6676
武幸四郎 1- 0- 0- 0/1100.0%100.0%100.0%480100
戸崎圭太 0- 2- 0- 1/30.0%66.7%66.7%096
岩田康誠 0- 1- 2- 0/30.0%33.3%100.0%0123
大野拓弥 0- 1- 1- 0/20.0%50.0%100.0%0175
田辺裕信 0- 1- 0- 0/10.0%100.0%100.0%0150

川田騎手が3勝。幸・武豊騎手が2勝ずつと、栗東所属の騎手が上位を占めている。

福永騎手の連対率が100%になっている。

1・2着馬の前走成績

1着2着
21佐賀記念(1人気)1着金蹄S(5人気)1着
20佐賀記念(1人気)2着東海S(5人気)4着
19名古屋グランプリ(1人気)3着佐賀記念(3人気)1着
18仁川S(1人気)2着東京大賞典(5人気)6着
17フェブラリーS(11人気)6着総武S(3人気)2着
16シリウスS(3人気)1着総武S(2人気)5着
15兵庫ゴールドT(1人気)1着レパードS(1人気)1着
14フェブラリーS(15人気)7着佐賀記念(1人気)2着
13佐賀記念(1人気)1着佐賀記念(2人気)2着
12川崎記念(3人気)5着みやこS(7人気)10着

佐賀記念が3勝2着3回と最多。

勝った馬は、フェブラリーS(G1)以外は上位人気に支持されていた。

脚質別集計(中央馬)

脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ 3- 2- 2- 2/933.3%55.6%77.8%125102
先行 6- 8- 6- 10/3020.0%46.7%66.7%3787
差し 1- 0- 1- 4/616.7%16.7%33.3%6838
追込 0- 0- 0- 0/00%0%0%00

中央馬に限定した脚質別の成績。

逃げ馬は3勝2着2回と活躍。

地方馬はペースについてこれないため、ほぼ前につけた中央馬で決着している。

馬番別集計

馬番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番 0- 0- 0- 9/90.0%0.0%0.0%00
2番 1- 2- 1- 6/1010.0%30.0%40.0%1452
3番 0- 0- 0- 8/80.0%0.0%0.0%00
4番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%058
5番 5- 0- 1- 4/1050.0%50.0%60.0%13468
6番 0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%063
7番 1- 2- 0- 7/1010.0%30.0%30.0%1330
8番 0- 0- 0- 10/100.0%0.0%0.0%00
9番 1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%3938
10番 0- 2- 3- 4/90.0%22.2%55.6%070
11番 1- 0- 0- 8/911.1%11.1%11.1%5311
12番 1- 1- 0- 5/714.3%28.6%28.6%2742
大外 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%1930

名古屋競馬場の1900メートルは2コーナーのポケットからスタートして、最初のコーナーまで260メートルほどあるため、内外の有利不利はほぼない。

5番から5頭の勝ち馬がでている。

まとめ

  • 1番人気の信頼度は高い
  • 連対馬は1~4人気で、まず荒れない
  • 中央馬での決着。栗東所属馬が強い
  • 川田騎手が3勝、福永騎手が連対率100%
  • 佐賀記念組が主力
  • 勝ち馬は前走で上位人気に支持されていた
  • 逃げ・先行
  • 馬番の有利不利はほとんどない

コメント

タイトルとURLをコピーしました